« 小沢栄太郎と加藤嘉 | トップページ | 御神体の村 »

一期一会の研修会

11月19日(木)

身辺雑記を書こうとすると、「自慢話」か「愚痴」のどちらかしかないことに気づいたので、読者が不快にならないように、最近は身辺雑記を書かないようにしていたのだが、今日は仕方がない。

今週は、全国各地から集まった60名ほどの専門職の方々が、うちの職場で研修を受けるという、年に1度の「研修週間」である。

私も、木曜日の午後、2時間半ほど、30名を対象にした研修会の講師をすることになった。

(冗談じゃない!研修を受けたいのはこっちの方だ!)

何しろ研修を受けに来る人の多くは、私よりも経験豊富な人たちなのだ。年齢も、私と同じくらいの人もいれば、大学を卒業して間もないという人もいたりして、年齢層は幅広い。

そんな方たちの前で、まだこの仕事が2年目である私は何をすればいいというのだろう?

割り切って、自分が面白いと思うことを話すことにした。

ただたんに座学だけではつまらないから、ちょっとクイズ形式を入れてみたりする。

とっつくにくいシロモノを、とっつきやすくすることが、私の得意とするところである。

なので、わざととっつきにくいシロモノを選んで、それをサカナにあーだこーだやることにした。

…ま、やってることは、「前の職場」で学生たちの前で話していたことと、ほぼ同じである。

久しぶりに30人ほどの方たちの前で授業っぽいことをしてみたが、やっぱり授業を組み立てるって、面白いなあ。

私は14年ほど教壇に立っていたが、年々自分の授業に自信が持てなくなり、

(そろそろ潮時かな…)

と思って、昨年の3月をもって、教壇に立つことをやめてしまった。

今もなお、再び教壇に立ちたいとは思っていないのだが、しかし、今日久しぶりにやってみて、少し決心がぐらついた。

14年ほど教壇に立って、いくつか自分なりに心がけていたことがあった。

1.1年に1つずつ、「テッパン」(誰が聞いても、何度聞いても面白いという意味)のネタをつくる。10年続ければ、10の「テッパンネタ」ができるから、たいていの場合それで何とかなる。

2.自分が面白いと思ったことだけを話す。

3.聞き手の立場に寄り添い、聞き手が共感できるような話をする。

4.すぐに結論を言わない。聞き手に考える時間を与える。

今回も、1~4の心がけ通りにおこなったつもりである。今回は2時間半の一期一会。自分が面白いと思う「テッパンネタ」だけを厳選して授業を組み立てた。

休憩時間に、20代とおぼしき、参加者の一人の女性が、私に近寄ってきた。

「あのう…、私、こういう者です」

名刺を受け取った。初対面の方である。その人が続けた。

「Tさんって、ご存じですか?」

久しぶりに聞く名前である。

「Tさん!知ってるも何も、私が指導教員だった学生ですよ」

Tさんは、数年前に卒業した教え子だった。このブログにも、何度か登場したことがある。卒業以来、会っていない。

「私、以前Tさんと同じ職場にいたんです。今は私、職場が変わってしまいましたけど」

「Tさんも専門職に就いているんですね」

「そうです」

私は卒業後のTさんの動向についてまったく知らなかったので、とても驚いた。世間はなんと狭いことか!

「私が先生の授業を受けることをTさんに言ったら、ぜひよろしくと伝えてくれと、名刺を預かってきました。これ、Tさんの名刺です」

Tさんの名刺を受け取る。Tさんは地元で、大学のときの専門分野を活かした専門職に就いていたのだった。

名刺に書かれているTさんの職場は、まだ行ったことがなかったが、一度訪れてみたいところだった。

今度遊びに行くことにしよう。

さて、2時間半の授業が終わり、受講生が次々と研修会場をあとにする。

一人また、20代とおぼしき女性が近づいてきた。

「あのう…、私、こういう者です」

名刺を受け取った。初対面の方である。その人が続けた。

「私、先生の専門とは少し違う分野を大学で勉強したんですけど、大学時代にこの授業を受けていたら、先生と同じ分野に進もうと思ったと思います」

「そうですか」

「今日はありがとうございました。機会があったら、ここからずいぶん遠いですけれど、うちの職場にもぜひおいでください」

「たしかに遠いところですね。でもいつか必ずうかがいます」

30人受講して、そのうちの1人からもらった感想である。

私はかつて、

「私の授業を100人が聞いたとして、そのうちの3人の心を動かすことができれば、その授業は大成功である」

という法則を自分で作ったことがある。

その法則からしたら、今日の授業は、成功したというべきだろう。

しかし私は同時に知っている。

そういう授業は、世間的にはほとんど顧みられることがないことを。

久しぶりに、「前の職場」にいたときの感覚に戻った気がした。

…だからといって、再び教壇に立とうとは思わないが。

|

« 小沢栄太郎と加藤嘉 | トップページ | 御神体の村 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小沢栄太郎と加藤嘉 | トップページ | 御神体の村 »