« 卑屈長屋 | トップページ | テレビドラマ版ダブルキャスト »

HさんとTさん

「ご隠居、ご隠居はやっぱり塾生指導を続けるべきだったんではないですか。塾生見習いに向けて書いたあの添削の文章を読むと、塾生指導をやめてしまったことが、実に惜しい」

「そうは言うけどね、熊さん。もう潮時だったんじゃないかと思うんだよ」

「どうしてそんなこと思うんです?」

「アタシは在職中に師範代から師範に出世できなかった」

「ご隠居、そんなことにこだわっていたんですかい?了見が狭いなあ」

「そうはいっても、意外とそういうことが気になる」

「人間が小さすぎますよ。そんなこと、気にする必要なんぞありませんぜ」

「しかしなあ、熊さん。アタシより実力も経験もないヤツが出世していくのを見てるとなあ…。アタシなんぞ必要のない人間なんじゃないかってね」

…この「卑屈長屋」シリーズ、ネタはいくらでもあるのだが、書いていてあまりにも自分が情けなくなるので、もうやめよう。

ところで。

先週の「前の職場」での3日めのイベントである「シンポジウム」に、「前の職場」を昨年度定年退職し、いま再雇用で引き続きこの職場で仕事をしておられるHさんが聴きに来ていた。

Hさんは私を見つけると、

「どうもお久しぶりです」

とご挨拶をしてくださった。

Hさんが図書館の課長をしていたとき、「石碑の掃除」イベントを私が企画したところ、おもしろがってくれて、イベントの段取りを組んでいただいた。

さらにそれがきっかけで、「前の職場」史上初の、図書館主催の公開講座が同じ年に実現したのである。

しかしこの公開講座は、Hさんが異動をしたあと、行われなくなってしまった。

つまり、図書館主催の公開講座は、後にも先にも、この1回だけだったのである。

Hさんがいなければ、図書館主催の公開講座など、実現しなかった。

私の思いつきを、Hさんが形にしてくれるという「教員と職員の理想的な関係」だったといえる。

Hさんにとっても、図書館時代に手がけたイベントは、思い出に残るものだったのだろう。

だからこそ、土曜日にもかかわらず、このイベントに参加してくれたのだ。

さらに、こんな話も聞いた。

今回のリニューアルオープンで、陣頭指揮をとるSさんをはじめ、関係者はみんな徹夜で準備をしていたという。

はたして、オープンまでに間に合うのか?

通りがかったHさんが、見るに見かねて、

「お手伝いしましょう」

といって、お手伝いをかって出てくれた、というのである。

たとえ同じ職場の人間であっても、縁もゆかりもない人だったら、

「お手伝いしましょう」

とはならないだろう。

そこで、「お手伝いしましょう」となったのは、図書館の課長時代に、こうした「ものづくり」の楽しさと大変さを経験していたからではないだろうか。

もちろん、ご本人の資質によるところも大きい。

「ものづくり」の楽しさや大変さを経験している人は、共鳴し合い、また新しい「ものづくり」を始めるのである。

昨年度定年退職した職員さんといえば、もう一人、Tさん。

Tさんは、その施設がリニューアルオープンする前まで、長い間、その施設の担当職員さんだった。

その施設の「顔」「看板」「生き字引」…。とにかく、その施設の象徴ともいえる存在だった。

抜群の人間力とお人柄で、Tさんを慕って、県内各地から多くの人たちが集まった。

たぶん、ファンクラブみたいなものもあったのだと思う。

昨年度、定年で退職し、その施設を離れることになり、奇しくもその翌年度に、その施設はリニューアルオープンとなった。

今回の一連のイベントに、Tさんはお顔を見せなかった。

私が勝手に想像するに、Tさんなりの配慮があったのだろう。

Tさんがその施設に戻ってくる、ということになれば、またそのTさんを慕って、多くの人たちがやってくる。

それはそれでいいことなのだけれど、Tさん目当てで訪れる人が多くいたとしたら、せっかくのリニューアルオープンに水を差すことになりかねない(本当はそんなことはないのだけれど)。

そう思って、Tさんは今回、身を引かれたのではないだろうか(間違っていたら、ごめんなさい)。

言ってみれば、原節子のような存在なのである!

もし私の想像通りだとしたら、その配慮というか、引き際もまた、すばらしいものだと思う。

私のごとく、「アタクシもこの施設にちょっとはかかわっていたんでございやす」と、ノコノコと「前の職場」にアピールしにやって来るというのは、なんとも未練がましくて、見苦しい。

引き際って、やはり大事なのだな、とTさんから学んだ。

そんな、いろいろなことを思いつつ、HさんとTさんには、

「長年のお仕事、お疲れさまでございました」

と申し上げたい。

|

« 卑屈長屋 | トップページ | テレビドラマ版ダブルキャスト »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卑屈長屋 | トップページ | テレビドラマ版ダブルキャスト »