« 嵐のようなあいつ2015 | トップページ | 輝く!2015年吹きだまりエピソード大賞・発表編 »

ミカンと韓国海苔

12月30日(水)

私が高校時代の3年間を過ごした町で、友人夫妻とささやかな忘年会である。

久しぶりに訪れたその町は、かなりおしゃれな町へと変わっていた。

「忘れないうちに」友人が私に紙袋を渡した。

「ありがとうございます。いつももらってばかりですみません。…これは?」

「ある事情があって、わが家に段ボール二箱分のミカンが送られてきてねえ。とても二人では食べきれないので、近所に配ったんだけど、それでもさばききれなくて、ちょうど折よくあなたと会うことになったので、お裾分けしようかと思って」

「ありがとうございます」

ミカンは大好物である。

「実は私も…」今度は奥さんが、百科事典1冊分くらいの大きさの包み紙を私に渡した。

「いやぁこんなに大きなものをありがとうございます。これは?」

「私、さきほど旅先から戻ってきたんですけど、旅先で、「韓国海苔」を2パックほどもらったんですが、ご覧の通り、1パックがこの大きさでしょう。今日、折よくお会いすることになったので、お裾分けしようかと…」

「いいんですか?」

「ええ」

「韓国海苔」もまた、大好物である。

「食うタイプの人間」のせいか、どうも食べ物のおみやげに関しては、私はむかしから「もらわれ甲斐のある」キャラクターのようである。

食事をしながら3時間ほど、四方山話に花が咲いた。

「いい年の瀬になりました」

「よいお年を」

二人とお別れして、電車に乗り込む。ミカンの入った大きな紙袋と、百科事典1冊ほどの大きさの「韓国のり」のパックを抱えながら。

まさか、こじゃれた雰囲気のお店でワインを楽しんだ帰りだとは、誰も思うまい。

|

« 嵐のようなあいつ2015 | トップページ | 輝く!2015年吹きだまりエピソード大賞・発表編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嵐のようなあいつ2015 | トップページ | 輝く!2015年吹きだまりエピソード大賞・発表編 »