« 一般人としてインタビューされました | トップページ | いまさら「建築学概論」 »

3週間韓国語耐久レース

1月30日(土)

1月9日(土)から始まった、3週間にわたる「韓国語耐久レース」が終わった。

16日(土)に韓国から帰国したが、18日(月)に今度は、韓国からJさんとMさんがうちの職場に2週間ほど滞在することになった。

ところが私は、帰国後に体調を崩し、18日(月)、19日(火)と仕事を休んだ。

しかし、21日(木)には、Mさんを関西にお連れするという仕事が待っている。こればかりは、どうしても休むわけにはいかない。

ということで、21日(木)からMさんをお連れして1泊2日で関西に出張した。

さらに25日(月)~27日(水)に、今度はMさんとJさんのお二人をお連れして、雪国へと出張した。

つまり、寒波が押し寄せるこの時期、韓国を南から北へ縦断した後、日本を南から北へ縦断したことになる。しかも使う言語はほとんどが韓国語。

「まるで何かの罰ゲームですね」

と、職場の人に言われたが、さしずめ「水曜どうでしょう」並みか、「路線バスの旅」並みの過酷さであった。

出張から帰った28日(木)と29日(金)も、お二人を夕食にお連れしたりして、お二人をアテンドした。

29日(金)の夕食後、「今度は韓国でお会いしましょう」といって、お別れした。お二人の帰国は、31日(日)である。

29日(金)の夕食をもって、私の役目がようやく終わり、家に帰ってぐったりと寝てしまったのだが、夢の中では相変わらず韓国語で会話をしている。

たぶん、この3週間で韓国語がものすごく上達したと思う。

それはともかく。

これでようやく終わったかと思ったら、一つ、肝心なことを忘れていた。

話は、Mさんを関西にお連れした21日(木)にさかのぼる。

21日に予約したホテルは、全国にチェーン店を持つホテルだった。

夕方、チェックインしようとすると、フロントの職員さんが、

「M様は、パスポートはお持ちですか?」

と、韓国人のMさんに聞いてきた。

Mさんは、滞在先の東京の宿舎にパスポートを置いてきてしまったという。

私がそのことをフロントの職員さんに話すと、

「では、お泊めすることはできません」

という。

何でも、旅館法か何かで、外国人はパスポートをフロントに提示しないと泊まれないというのだ。

Mさんは、韓国の職場の身分証明書だとか、そのホテルチェーンの会員証を見せたりしたのだが、

「そんなの見せられても、ダメなものはダメです」

と一蹴される。しまいにはホテルの支配人が出てきて、

「旅行中はパスポートを携帯するようにと言わなかったお前が悪い」

というニュアンスでなじられる始末。

そこを何とか、と私が食い下がった結果、

「では、後日に、パスポートのコピーを必ずファックスで送信してください」

という条件で、なんとかMさんはそのホテルに泊まることができたのである。

私はMさんに、

「来週、雪国出張のときには、必ずパスポートを持ってきてくださいよ。そうでないと泊まれませんから」

と釘を刺した。

さて、次の週の雪国出張。

25日(月)の晩も、駅裏にある、同じホテルチェーンのホテルに泊まった。

Mさんがフロントでパスポートを提示すると、

「当ホテルチェーンの会員証をお持ちなら、パスポートの提示はけっこうです」

と言われたのである。

どないやねん!

関西のホテルで支配人にあれだけなじられたのは、いったい何だったのか?

まあそれはともかく、つつがなく出張が終わったのは何よりだった。

ところが私は、出張が無事に終わって安心したためか、今日(30日)に至るまで、Mさんのパスポートのコピーを、21日に泊まったホテルにファックスするという約束を、すっかり忘れてしまっていたのである。

Mさんの帰国は31日(日)である。

帰国までに、Mさんのパスポートのコピーを入手して、ホテルにファックスしなければならない。

帰国前日の今日、MさんとJさんは東京観光をしているという。

急いでMさんと連絡を取り、都内で観光中のMさんやJさんと落ち合い、Mさんのパスポートを近くのコンビニでコピーして、ホテルにファクスしたのであった。

「昨日でお別れだと思っていましたが、パスポートのおかげでまたお会いできましたね」とJさん。

「今度は韓国でお会いしましょう」とMさん。

「気をつけて韓国へお帰りください」

やれやれ。これでようやく、私の役目は終わりである。

|

« 一般人としてインタビューされました | トップページ | いまさら「建築学概論」 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一般人としてインタビューされました | トップページ | いまさら「建築学概論」 »