« 8日間韓国語耐久レース・その1 | トップページ | 8日間韓国語耐久レース・その3 »

8日間韓国語耐久レース・その2

1月13日(水)~14日(木)

3日目。

I市滞在最後の日である。

とにかくI市は、寒い。なにしろ雪が降っているのである。

午前中は部屋の中の仕事だったが、午後はI市内の各所をまわることになった。

Jさんはほかの仕事があるということで、現場事務所の最年長、Cさんの運転でI市をまわることになった。

I市出身のCさんは、この道40年の大ベテラン。I市のことで知らないことはない。

いろいろとまわった後、

「とっておきの場所に案内しますよ」

といわれて案内されたのが、採石場だった。

Photo息を飲むような採石場である。

「すごいですねえ、これは」

「すごいでしょう。たぶん、世界一だと思います」

世界一かどうかはわからないが、たしかにすごい。

しかし、外回りは寒すぎた。

これでは体調がよくなるどころか、悪くなるばかりである。

私の身を案じたJさんとCさんは、身体にいい食べ物を食べさせようと思ってくれたようで、夕食は「長芋料理の店」に連れて行ってくれた。

「この町は、長芋が有名なんです」

たしかに、ヘルシーで美味しかった。

Photo_2お店を出るときに、日本で超人気だった、あの俳優のサインを見つけた。

あの俳優も、この店を訪れたらしい。

そのご縁で、日本人観光客も訪れるそうだ。

さすがに「長芋の店」だけでは、クイズにしたとしても当たるまい。

さらにCさんが、

「身体にいいお茶を飲みに行きましょう」

という。

私は体調が最悪で、帰りたかったのだが、ご好意を無にするわけにもいかない。

伝統茶のお店に行き、サンファタン(雙和湯)というお茶を飲んだ。

たしかに身体によさそうなお茶ではある。

しかしもう、この程度では体調が回復しないところまで来ているのだ。

ようやく夜9時過ぎに解放され、ホテルの部屋に帰るなり、眠りについた。

4日目。

朝、I市からP郡に移動する。

今日はP郡の会社で終日仕事である。

例によって、社長と副社長にご挨拶に行った。

社長も副社長も、とてもいい方だった。

仕事が終わると、今日もまた会食である。

Jさんが言う。

「今日はこれから、歓送迎会を兼ねた我が社の新年会を行いますので、そこに参加していただきます」

「はあ」

もう、多少のことでは驚かない。

夕方、会場に行くと、60名くらいの人たちがいた。

「こんなにいるんですね」と私。

「ええ、我が社の社員全員が参加していますから」とJさん。

いよいよ、何が何だかわかんなくなってきた。

要するに、まったく知らない会社の歓送迎会に、全然関係のない人間が一人、参加しているようなものである。しかも外国人!

私の隣に座っていた人が、長年勤めていたこの会社から、別の系列会社への異動が決まったらしく、「お別れの挨拶」を涙ながらにしていた。

それを聞いている、私の目の前に座っている社長も泣いている。

うーむ。俺はその二人のあいだで、どんな顔をすればいいのだろう?

宴会が始まると、お話をする人がほとんどいない。

知ってる人がほとんどいないのだから、あたりまえである。

宴会じたいは当然盛り上がっているのだが、私の体調はどんどん悪くなるばかりだった。

さすがに途中で耐えかねて、横にいるJさんに言った。

「あのう…先に帰っていいですか?」

「わかりました」

ということで、宴会を早退させてもらうことにした。

何ともなく敗北した気持ちがするが、仕方がない。

ホテルの部屋に入り、すぐに眠りについた。(続く)

|

« 8日間韓国語耐久レース・その1 | トップページ | 8日間韓国語耐久レース・その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鬼瓦類の酒場放浪記。

今日ははるばる、ここ韓国のI市までやってきました。

こちらは百済の遺跡が多く、日本とも縁の深い所と聞いてきましたが。

同時に長芋の名産地でもありますので、名物に何とかとも云いますけども、まずはこの店に入ってみましょうか。

(ガラガラ)

アニョハセヨ。

言葉は通じなくても、まあ酒飲みに国境はありませんから、まずは一杯。

ご主人、「これ」あります?(コップを持つジェスチャー)

「マヤク酒!」

「え?」

「マヤク酒」とは何か、いけないお酒のようですが、実は「マ」とは韓国語で長芋のことですから、長芋の薬酒のことですね。

では、頂きます。

偶然居合わせた日本人のご常連さんに聞きましたが、

長芋は、少女時代ソヒョンちゃんもジュースにして飲むくらいの健康食だそうで、

特に、太陰人の私にとって、長芋は好ましい食べ物になっているそうです。

(ガラガラ)

外に出てきました。

今日は長芋のお酒を頂きましたが、実はこちらは、あの「ヨン様」も訪れたことのあるそうで、

「ヨン様のあるところに日本人ファンあり」の言葉通り、訪れた人がブログ記事に書くほど有名だったようです。

そして、人も温かいですね。長芋尽くしの創作料理も絶妙じゃないですか。

特に素材の香りが本物、「本香」の味といったところでしょうか。

少々お酒も回って、ぽにゃーんとして来ましたが、まだまだ行きたいと思います。

では。


 益々と
   山芋掘れて
     市となす

     鬼瓦 類

投稿: こぶぎ放浪記 | 2016年1月20日 (水) 10時35分

お酒を飲まないこぶぎさんが、「酒場放浪記」の文体を完全にマスターしている!一つの番組として十分に成立しているぞ。最後の一句も秀逸。

しかも、店名はもちろん正解。

先のコメントにあった「パン焦げちゃったよ」のオチも秀逸で、最近のコメントは芸術的というほかないのだが、さてここで培った技術、ほかにどこで使うんだろう?

投稿: onigawaragonzou | 2016年1月21日 (木) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8日間韓国語耐久レース・その1 | トップページ | 8日間韓国語耐久レース・その3 »