« 期せずしてプレゼント | トップページ | 8日間韓国語耐久レース・その1 »

俺は鶴瓶か!

1月11日(月)

初日の9日に泊まった大邱のホテルは、KTXの駅から地下鉄に乗り換え、さらに乗換駅で別の地下鉄に乗り換えて二つ目の駅で降り、3番出口を出たすぐ目の前にあった(これ、クイズです)。

やや古い感じのホテルで、フロントには、制服ではなく、ふつうに私服を着た、アルバイト風の20代の女性が対応していた。女性、というより、大学を卒業して間もない、ごくふつうの女の子、といった感じである。

ホテルにチェックインしたときに、最初に韓国語で話したのだが、その女の子は私を日本人だとすぐにわかったらしく、

「韓国語がお上手ですね」

と日本語で話しかけられた。

その女の子の日本語がとても上手だったので、

「そちらこそ、日本語が上手ですね。日本に留学したことがあるのですか?」

と聞いたところ、

「いえ、大学のときに日本語学科で勉強していただけです」

と答えた。まだ卒業して間もないのだという。

どうもその女の子は、日本人に話しかけることで日本語を勉強したいらしく、私に積極的に日本語で話しかけてくる。

「この町には、何の目的でいらしたのですか?」

とか、

「これからどこに行くのですか?」

とか、

「どうして韓国語を勉強しようと思ったんですか?」

とか、かなり立ち入った質問までしてくる。

私は学生に接するような感じで、そのたびに丁寧に答えていると、どんどん話が長くなってしまった。こっちが話を打ち切ろうとしても、まだ話しかけてくる。

私は完全に、日本語の練習台にされているのだ!

さて翌朝、チェックアウトするとき、フロントで荷物をしばらく預けてもらおうとすると、またその女の子がフロントにいて、

「これからどこに行くのですか?」

と聞いてくる。そこでまた長話。

(よっぽど仕事が暇なんだな…)

「ちょっと市内を見学してね、午後2時頃に戻ります」

「市内のどこに行くんですか?」

「○○へ行こうと思うんですよ」

「ああ、そこは行ってもあまり面白くありませんよ。それよりも××のほうがおすすめです」

そう言われても、20代の感覚と私の感覚とでは、大きな開きがあるのだ。

いったん外出し、市内を一通り見学した後、ホテルに戻り、預けていた荷物を受け取ろうとすると、またその女の子が話しかけてきた。

「これからどこに行くんですか?」

と、また質問である。

「夕方までにDという町に行かなければならないんだけど、鉄道がいいか、それとも高速バスで行くのがいいか…」

「鉄道の方がいいですよ。高速バスは時間がかかります。それより、ここからターミナルまではどうやって行くんですか?」

また質問か。

「地下鉄を乗り継いで行こうと思うんだけど…」

「そんなに荷物が多かったら移動するのが大変ですよ。タクシーのほうが楽ですよ」

という。しかし、地下鉄と高速バスを乗り継いだ方が安上がりだし、むしろ楽なので、そのアドバイスは却下させていただくことにした。

延々とそんな会話が続いて、ようやく荷物を受け取り、

「いろいろとありがとう」

とお礼を言って、ロビーで荷物を詰め直していると、しばらくして、その女の子が私にメモを渡した。

「これ、私の連絡先なので、何かあったら連絡ください」

なんと、メールアドレスと携帯番号が書かれていた。

私も、

「私のアドレスもここに書いてありますから、何かあったら連絡ください」

と、名刺を渡し、ホテルをあとにした。

読者にうかがいたいのは、たまたま1泊だけしたホテルのフロントの職員と、最終的にメアドを交換するなんて経験、あります?

行った先行った先で、全然知らない人と話し込んで、そのたびに連絡先を交換していては、人生がいくつあってもきりがない。

俺は鶴瓶か!

|

« 期せずしてプレゼント | トップページ | 8日間韓国語耐久レース・その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この時間なのに昼飯のパンも食べられないほど忙しいのだ。

正月から病欠の部長の代わりに、遠征サイクリング部にでかけるわ、

やっと両肺呼吸ができるようになったZスキー場に行かなくてはいけないわ

(雪の積もり方が少なくて、横倉の迂回路を降りると、アストリア第2気管支の乗り場の下側に着いてしまい、第1気管支に乗り直さないと百万人気管支へは戻れませんので注意)、

紅白歌合戦ネタに対抗して、こちらは韓国の「紅白」を3番組とも実時間視聴したから、

やれトロット(韓国演歌)タイムが少なくなったとか、PSY(サイ)が出るからと最後まで引っ張っておいて、結局ビデオ出演かよとか、とうとう「青白合戦形式」を止めちゃったのかよとか、KARA(カラ)が出てないなと思ったら、あんなことになっちゃっていたとは、とか考えているうちに、

今度は吉田類の酒場放浪記を見ろだとか、誕生日のメールを送れとか、コメントを考える暇がない。

動画探しているうちに「吉田羊の酒場放浪記」の方を見ちゃって、せっかくの連休を潰しちゃっただろーが。

大体、この個人情報流出時代に本当の誕生日を登録してどうする。

あたしなんぞは、その都度変えて登録しているから、一年に何回もお祝いしてもらえちゃうぞ。

というか、今回のエピソードだって、居酒屋のカウンターとホテルのカウンターを取り換えれば、そのまんま「鬼瓦類の韓国漂流記」ですから。

どこが「店主や周りの客と必要以上のコミュニケーションをとるのが大嫌いである」なんだか。

ついでに言っておけば、新しいクイズを出す前に、前回の正解に触れなさいよ。そっちから、ヒントをフリ直しているんだから。

温故知新、一度読んだ去年のブログ記事も、何度も読み返してこそ楽しからずや。

というわけで、新しいクイズまで手が回りませんから、よい子の読者のみなさんは「楽天トラベル」を検索して、地下鉄駅3番出口すぐのホテルを各自で探してくださいね。

なんてこと書いているうちに、ほら言わんこっちゃない。

昼飯のパン焦げちゃったし。

投稿: まとめてこぶぎ | 2016年1月12日 (火) 15時09分

さて翌朝、私がフロントにいると、またそのアジョシ(おじさん)が来たので、

「これからどこに行くのですか?」

と言うと、そこでまた長話。

(よっぽど仕事が暇なんだな…)

「ちょっと市内を見学してね、午後2時頃に戻ります」

「市内のどこに行くんですか?」

「薬令市の博物館へ行こうと思うんですよ」

「ああ、そこは行ってもあまり面白くありませんよ。それよりも「音楽喫茶セラヴィ」のほうがおすすめです」

そう言ってみたものの、アジョシ世代の感覚と私の感覚とでは、大きな開きがあるらしい。

でも、なんでドラマ「ラブレイン」のロケ地よりも、漢方薬の博物館に行きたいのだろう。

太陰人みたいな体型だからかな。

アジョシはいったん外出し、市内を一通り見学した後、ホテルに戻り、預けていた荷物を受け取りに来た。

「これからどこに行くんですか?」

と聞くと、

「夕方までにD(これ、クイズ用にとっておきます)という町に行かなければならないんだけど、鉄道がいいか、それとも高速バスで行くのがいいか…」

「鉄道の方がいいですよ。高速バスは時間がかかります。それより、ここからターミナルまではどうやって行くんですか?」

このアジョシ、全然分かっていない。

「地下鉄を乗り継いで行こうと思うんだけど…」

「そんなに荷物が多かったら移動するのが大変ですよ。タクシーのほうが楽ですよ」

と教えてあげたものの、全く聞く耳を持っていないようだ。

延々とそんな会話が続いて、ようやく荷物を受け取り、

「いろいろとありがとう」

とお礼を言って、ロビーで荷物を詰め直している。

ここで荷物整理だなんて、まったく段取りの悪いアジョシだなあ。

どうせこの先、道に迷うに決まっているので、メモを渡した。

「これ、私の連絡先なので、何かあったら連絡ください」

なんと、アジョシも、

「私のアドレスもここに書いてありますから、何かあったら連絡ください」

と、名刺を渡し、ホテルをあとにした。

読者にうかがいたいのは、たまたま1泊だけしたホテルの客と、最終的にメアドを交換するなんて経験、あります?

語学校の先生から「日本語の勉強に役立つから読みなさい」と教わって以来、ずっと読んでいるこのブログの読者のみなさまなら、きっと教えて頂けますよね。

投稿: パラレルワールドこぶぎ | 2016年1月12日 (火) 16時48分

ヨボセヨ。

もしもし。

ア、モシモシ。

Cホテルですか?

ハイ、Cホテルデス。

私、日本のこぶぎと申します。日本語で大丈夫ですか?

大丈夫デス。予約デスカ?

いえ、ちょっとうかがいたいことがありまして。

ハイ、ドウゾ。

あのう、数日前に日本人のアジョッシが泊まりませんでしたか?

サア

太陰人みたいな体型をして、よく喋る…

アア、思い出しマシタ。

どんな会話をしたか、覚えていますか?

覚えていますヨ。タシカ…

…と、取材したんじゃないかってくらい、会話の中身が当たってるぞ!

投稿: onigawaragonzou | 2016年1月17日 (日) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 期せずしてプレゼント | トップページ | 8日間韓国語耐久レース・その1 »