« 2016年ベストワン映画 | トップページ | 柱を見る人 »

散髪屋は、人生だ! ~見習いのリーさん~

3月2日(水)

他人様にとってはどうでもいい話なのだが。

いつもは週末に散髪屋さんに行くことが多いのだが、このところ、週末がほとんど仕事がらみで潰れてしまうために、散髪屋さんに行くタイミングがない。

そこで今日の夕方、早めに仕事を切り上げていつもの散髪屋さんに行くことにした。

いつものTさんにチョキチョキと髪を切ってもらっていると、

「こんにちは~」

と背後から挨拶された。

散髪中は眼鏡を外しているので、鏡越しの人の顔がよく見えないのだが、よく見ると、見習いのリーさんである。

リーさんは、まだ専門学校を出たばかりとおぼしき20歳前後の女の子で、ふだんは系列の別の支店で働いているのだが、ごくたまに、人手が足りないとこの店に応援に来るのだそうだ。

リーさんは、ご両親が韓国人なのだそうだが、日本で生まれ育ったので、まったく韓国語が話せない。だが私がよく韓国に行くという話をすると、それなりに親近感をもって話をしてくれるようになった。

不思議なことに、リーさんがごくたまにこのお店に応援に来るそのタイミングに、私がこの店に来るというのである。リーさんに会うのは、これで4度目くらいである。

「鬼瓦さん、これは奇跡ですよ」とTさん。「リーが応援に来るタイミングと、鬼瓦さんがお店に来るタイミングが、これほどピッタリと合っているというのは、他の人では考えられません」

「そうですか?」

「ええ、だって前回鬼瓦さんが来ていただいた日に、リーが応援に来ていたでしょう」

「ええ」

「今日、リーが応援に来てくれたのも、その日以来ですもん」

「そうですか。とすると、3回連続くらいですね」

「私もビックリしました。あ、鬼瓦さんだ!って」リーさんが言った。

「なるほど。私、引きが強い人間なんですよ」

ここまで奇跡が続くと、運命的としか言いようがないのだが、どうも私は単に引きが強い人間らしい。

リーさんにシャンプーを担当してもらったのだが、シャンプーのあいだじゅう、一人暮らしを始めた話だとか、北海道に行ってスノボをした話だとか、映画「Xミッション」がおもしろかった話だとか、気をつかっていろいろと話しかけてくれるのだが、だが情けないことに、「スノボ」はやったことないし、「Xミッション」も見ていないので、気の利いたリアクションをとることもできない。

「鬼瓦さんは、最近何か映画を見ましたか?」

「すごく地味な映画なんだけど、『サウルの息子』っていうハンガリー映画を見ました」

「どうでしたか」

「気持ちが重たくなりました」

「気持ちが重たくなる映画なんですか?」

「ええ」あまりにこちらの話題が貧困なので、だんだん申し訳なくなってきた。

それでも、なんとか話題を合わしてくれるのだから、ありがたいことである。

次も、奇跡は起きるだろうか?

|

« 2016年ベストワン映画 | トップページ | 柱を見る人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(「2016年ベストワン映画」のコメント欄から続く)

てなことを、どうして長々と書いたかというと、勿論、床屋トークのネタに使ってもらいたいからである。

大体、「日本一クド過ぎるブログ」(当社調べ)を連日お書きの有力ブロガーさんが、どうして話のネタに困るのか。

一人暮らしと言えば、私も前の職場では一人暮らしだったんです。単身なら引っ越しが簡単かと思ったんですが、持って行く本が3tトラック一台分になっちゃったので大変でしたよ.. とか

スノボと言えば、知り合いがスキー合宿に行ってるんだけど、なぜか、かんじきを履かされて、樹齢300年のブナ原生林の中で「八甲田山ごっこ」させられているんだって、とか

最近見た映画と言えば、バス映画くらいかな。リーさんは、次回のマドンナって誰がいいと思います? とか。

というか、床屋さんなら一日中、店内にラジオを流しっぱなしにして仕事してるんだから、ナタリーの退社でさらに混迷を深める「どうする・どうなる4月からのTBSラジオ」ネタで攻めれば、もお完璧でしょ。

僕なんか、もう「ゆうロス」になっちゃって。

わたしも、パカパカ行進曲が終わっちゃうのガッカリなんですけど。でも、最近「小沢昭一的ココロ」のパロディー・ブログを見つけてたんで、心が落ち着いてきて。あれ、誰が書いてるのかなあ...

(ギクッ)

というように「床屋さんと客の会話」コントの完全台本を書いて、次回の散髪に臨んでくださいね。

投稿: ネタ元こぶぎ | 2016年3月 5日 (土) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年ベストワン映画 | トップページ | 柱を見る人 »