« 碩学脱線トーク | トップページ | 続・世界は広く、世間は狭い »

センター高視聴率

3月18日(金)

またまた旅の空です!

「前の職場」の時にお世話になった「センター」のSさんにお招きいただいて、久しぶりにセンターで仕事をさせていただく。

私にとってセンターは、仕事をする場所というより、勉強させてもらう場所だった。今もそうである。

ここでいろいろな経験をしたことが、今の自分の、物事を考える基準になっているのだ。

だから「センター」で仕事するときはいつも、自分が学んだ場所に戻ってきたつもりで、つまり初心に返ったつもりで、勉強できるのである。

センターに着くと、Tさんが会うなり言った。

「なまはげと共演されていましたね」

「えっ?」

思い出した。2カ月ほど前、韓国からのお客さんを連れて雪国の町に行ったときに、たまたま入った居酒屋で、某国営放送の全国ネットの番組の取材が来ていて、一般人としてインタビューに答えたのだった。で、なぜかそのとき、なまはげも一緒にやって来て、

「悪い子はいねがぁ!!!」

とおきまりのパフォーマンスをしたのだが、それが放送されたのである。

「私も見ましたよ」とSさんも言う。Sさんも見ていたのか!

「でも、鬼瓦さんはチラッと映っただけで、インタビューはカットされていましたね」

その場にいたほかの二人のインタビューが採用されたようで、私の喋りはカットされ、なまはげが来たときのリアクションのみが映ったらしい。

「私、実はその番組、見ていないんですよ」と私。

「そうなんですか?私、録画してましたよ。今度お見せしましょうか?」

「いえ、けっこうですよ」

次に、Iさんのところに行くと、

「なまはげと共演してましたね」

えええぇぇぇっ!Iさんも見てたのか!

「私、その番組、見ていないんですよ」

「私、録画しましたよ。今度お見せしましょうか?」

「いえ、けっこうですよ」

なんという高視聴率番組だ!

それに不思議である。

私はこのブログで、番組名を一切明かしていないにもかかわらず、なぜみなさんは特定できたのだろう?

まあそれはともかく。

センターでの仕事は、とても充実したものだった。

自分の帰れる勉強場所があるというのは、ありがたい。

「またうかがいます」

「お待ちしています」

玄関でみなさんに見送られて、センターをあとにした。

|

« 碩学脱線トーク | トップページ | 続・世界は広く、世間は狭い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こぶき類のリアル酒場放浪記。

テレビで見た北国の居酒屋って、行きたくなることありません?

実は私もその口でして、テレビで紹介していた、一般人がナマハゲに会える酒場を探してここへ来たんですが、

やはり本場だけあって、ナマハゲショーのある居酒屋は、駅前に2店もあるんですねえ。

普通なら「どちらが犯行現場か」と迷うところなんですが、

でも、犯人は、ナマハゲが来ることを知らなかったからこそ、あのリアクションだった訳だし、

どちらの店のインテリアも、テレビに写っていたのとは違うんですねえ。

やっぱり安楽椅子に座ってばかりでなくて、実際に現場検証に来てみないと、わからないものです。

運悪く市内のホテルが満室なので、今日は近隣の街に泊まって、明日また探して見ることにします。では。

 はたはたを

   肴に眺める

     冬花火

こぶぎ類でした。

投稿: こぶぎ類 | 2016年3月19日 (土) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 碩学脱線トーク | トップページ | 続・世界は広く、世間は狭い »