« 映画脳をください! | トップページ | 恥ずかしい日常なのか »

ザラザラとツルツル

これから言いたいことは、上手く説明できないのだが。

よく、脳みそのしわが多いとか、脳みそのしわが少ないとか、言ったりする。

まあそれと似たような感覚にとらわれることがあるのだが、人間には、脳でも心臓でもなく、その人が持っている「何か」、いってみれば「魂」、といったものが、ザラザラの人とツルツルの人がいるのではないか、と最近、思うようになってきた。

…いよいよ、俺も頭がおかしくなってきたか?まあ最後まで聞いてくれ。

たとえば、世間で起こるいろいろなことに対して、何かと引っかかってしまう人。あーでもない、こーでもないと考え込んでしまう人。

そういう人が、私からすれば「ザラザラの人」なのである。

それに対して、物事をあまり深く考えず、単純化して受け取ることが好きな人。

そういう人が、私からすれば「ツルツルの人」なのである。

「ザラザラの人」は、思春期に文学なんかを読んで、思い悩んだりする。

「ツルツルの人」は、「テニスがかっこよさそうだから」という理由で、学生時代にテニスなんかを始めちゃって、青春を謳歌したりする。

「ザラザラの人」が読む本は、内省的な哲学書や小説。

「ツルツルの人」が読む本は、自己啓発本。

「ザラザラの人」は、不摂生。

「ツルツルの人」は、健康志向。

人類を「ザラザラ」と「ツルツル」の2種類に分けるなんて、完全な偏見だな。

|

« 映画脳をください! | トップページ | 恥ずかしい日常なのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画脳をください! | トップページ | 恥ずかしい日常なのか »