« これはフリなのか? | トップページ | クラウドアトラス教をひろめる »

マトリックスのつくだ煮

またまた映画「クラウドアトラス」(2012年公開)のお話。

あいかわらず「クラウドアトラス検証」の日々だが、この映画では、ほとんどの俳優が6つのエピソードの中にすべて登場しているので、一人六役を演じているということになる。

ところが、特殊メイクが凄すぎて、誰だかよくわからない。そのため、画面を注視しなければならないのである。

これがヒドく疲れるのだ。特殊メイクにして誰かわかんなくしちゃっちゃぁ、意味ないんじゃないの?と思ってしまう。

しかし、この映画では同一人物が演じていること自体が大事なのだ。

一人、見たことのある顔の俳優がいた。

「この俳優、どっかで見たなあ」と私。

「あ、思い出した。『マトリックス』だ」と妻。

「『マトリックス』に出てたっけ?」

「クラウドアトラス」は、「マトリックス」と同じ、ウォシャウスキー姉妹が監督しているので、同じ俳優が出ていてもおかしくない。

「『マトリックス』のどこに出てた?」

「ほら、つくだ煮でしょう」

「あ~、つくだ煮かぁ~」

これで理解できた。

「つくだ煮」というのは、映画評論家のおすぎが、「マトリックス」だったか「マトリックスリローディッド」のある場面を評して、

「んんももぉぉぅ~、同じ顔の男がつくだ煮みたいにウジャウジャ出てくるんだからぁ~」

と言っていて、たしかに実際その場面を見ると、同じ顔の男がつくだ煮みたいにウジャウジャ登場していて、その通りだと大爆笑したことがあった。

それ以来、その場面は私たちの間で「マトリックスのつくだ煮」と呼ぶ名場面となった。

さて、その俳優というのは…。

|

« これはフリなのか? | トップページ | クラウドアトラス教をひろめる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今まで世話になったな、兵庫頭(ひょうごのかみ)。

イママデ、イジワルシテ、アイム ソーリー。

これからは心を入れ替えて看護しろよ。

シカラバ、ゴメン。

ああ、兵庫も達者でな。

いや、コイツは外国の生まれだから、これじゃ分からないか。

ヒョーゴ、ウェルビーングでな。

(40年後へ続く)

投稿: 脱走こぶぎ | 2016年3月30日 (水) 09時36分

こぶぎさん、大正解です!

投稿: onigawaragonzou | 2016年3月31日 (木) 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これはフリなのか? | トップページ | クラウドアトラス教をひろめる »