« 済州島からのお客さん | トップページ | 韓国の夏目漱石 »

くたばれ!達成感

4月8日(金)

はからずもこの数日、多くの卒業生から連絡が来た。

まことに不思議な現象である。死期が近いのか?

連絡が途絶えてしまった卒業生もいれば、今でもたまに思い出したように連絡をくれる卒業生もいたりと、いろいろである。

今でも気にかけてくれるというのは、何にしても嬉しいものである。

なかには、「今の仕事が大変で死にそうです!」と書いてくる人や、「自分は今の仕事に向いていないのではないだろうか」と、今の悩みを書いてくる人もいた。

多かれ少なかれ、誰でもそうなのだろう。

前にも書いたことがあるが、「この仕事は自分に向いている」からといって、いい仕事ができるとはかぎらない。

むしろ、「この仕事は自分には向いていない」と思うくらいの方が、いい仕事ができる場合がある。

ちなみに私、2年前に「キャリアチェンジ(笑)」してからというもの、失敗ばかりしている。

意気揚々と提案した取り組みは不発に終わるし、提出した申請書類は不採択に終わるし。

まあそれでも、何だかよくわからんが、相変わらず仕事をこっちにふってくるのは、致命的な失敗はしていない、ということなのだろう。

他人様は、自分が「失敗した!」と思うほど、さほど重大なこととは思っていないんだと思うぞ。

|

« 済州島からのお客さん | トップページ | 韓国の夏目漱石 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 済州島からのお客さん | トップページ | 韓国の夏目漱石 »