« 言少なく栄利を慕わず | トップページ | ケナリの季節 »

国民の怒り

4月29日(金)

諸事情があり、今回はロードバイクを車に積めない。

首都高の料金が値上げしていることを、料金所でお金を払うときになって、初めて知った。

「普通車は1300円です」

「せ、せ、1300円!??」

以前は930円だった。それがこの4月から一気に1300円に値上げしたのである。1.5倍ほど上がってるではないか!

そんな値上がりの仕方って、ある???

首都高だけではない。別の高速道路も値上げしているではないか!!!

有無を言わせず、いきなり暴力的な値上げを断行するなんて、国民をバカにするにもほどがある!

そもそも、高速道路の料金は、将来的には無料にすることが約束されているはずで、無料化の方向に進むどころか、ますます国民から金を巻き上げる装置になっている。

消費税増税よりもタチが悪い。事態はさらに暴力的なのである。

みんななぜ、国民をバカにしたようなこんな仕打ちに対して、怒らないのだろう?なぜデモをしないのか?

こういうときこそ、国民は立ち上がるべきである!!!

…と、運転しているあいだじゅう、ずっとムカムカしていたのであった。

途中、ガソリンを入れようと、サービスエリアのガソリンスタンドに立ち寄ると、ガソリンスタンドの店員さんが言う。

「左後ろのタイヤ、どうかしたんですか?凹んでますよ」

車から降りて見てみると、たしかに左後ろのタイヤだけが凹んでいる。

「ほら、左後ろのタイヤだけ、他のと違いますね」と店員。

「たしかにそうですねぇ。そういえば以前、左後ろのタイヤがパンクしてしまって、交換してもらったのです

「空気が漏れている可能性があります。このままでは危険なので、調べてみましょう。今、タイヤをはずして調べてみますので、店の中でお待ちください」

ガソリンスタンドの店員さんは、左後ろのタイヤをはずして、チューブから空気が漏れていないかどうか、時間をかけて確かめてくれた。

「タイヤから空気が漏れているわけではないようです。ただ、空気圧が他の3つのタイヤと違いました。他の3つは2.2くらいなのですが、左後ろのタイヤだけ1だったんです」

「そうですか」

「空気圧を他の3つとそろえておきました」

「ありがとうございます。料金は?」

「ガソリン代だけいただきます」

タイヤの異常の原因を無料で確かめてくれたのである。

高速道路料金の値上げの怒りが、これで少しおさまったのであった。

しかしまた別の怒りが。

タイヤ交換をしたあのタイヤショップに、今度は疑いの目を向けざるを得なくなる。

なにしろタイヤ交換をしてくれたのが、あのヨボヨボのおじいさんだったからなあ。

さて、今回の私の旅の行き着く先は…。「こぶぎ予想」は当たるだろうか。

|

« 言少なく栄利を慕わず | トップページ | ケナリの季節 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言少なく栄利を慕わず | トップページ | ケナリの季節 »