« ロードバイク・2日目 | トップページ | くたばれ!達成感 »

済州島からのお客さん

4月7日(木)

この4月から、「外国からのお客さんに対応する係」になってしまった。

もっとも、もっぱら韓国からのお客さんへの対応だが。

今日は職場に、済州島からKさんというお客さんが仕事でやって来た。

初めてお会いする方だが、お話を聞いてみると、済州島の職場に移ったのはごく最近のことで、3カ月前まではソウルのHという職場に勤めていたそうだ。で、人事異動で済州島の職場に移ってきたのだという。

ソウルのHという職場には、私がよく知るPさんが勤めている。

「私、Pさんと知り合いです」と言うと、Kさんの顔がとたんにほころんだ。

「彼と知り合いですか」

「ええ」

実はPさんとは数回しか会ったことがないのだが、とてもいい人だったのですぐに親しくなったのだった。

「彼、いい人でしょう」

「ええ、いい人ですね」

「私は彼と3カ月前まで同僚でした。一緒に仕事をして、専門分野は違うけれどとても親しくなったのです」

「そうですか」

「そうだ、一緒に写真撮ってもらってもいいですか?」とKさん。

「かまいませんよ。でもどうしてです?」

「あなたと一緒にいるところを、今からPさんに送るんです」

そういうと、Kさんはスマホを出して、その場にいた同僚に頼んで、Kさんと私のツーショット写真を撮ってもらった。

写真を撮るとすぐに、Kさんはカトク(カカオトーク)で、その写真をPさんに送ったのである。

すると5秒もたたないうちに、ソウルにいるPさんから返事が来たようだった。

「あ、返事が来ました」

二人はどんだけ仲がいいんだ?

「こっちも返事を書きましょう。Pさんに何か伝えたいことがありますか?」

急に言われても、思いつかない。

「韓国でも日本でも、次は必ずお会いしましょう、と書いてください」

KさんがそれをカトクでPさんに送ると、また5秒もたたないうちに返事が来た。

だから二人はどんだけ仲がいいんだ?

Pさんからの返信は、

「昨年、仕事で鬼瓦さんの職場にうかがったとき、鬼瓦さんが出張のためお会いできず残念でした。次は必ずお会いしましょう」

というものだった。

Pさんは私のことを覚えてくれていたみたいで、ホッとした。

私がPさんの名前を出したことで、初対面のKさんと打ち解けて話すことができ、その後の仕事がスムーズに運んだ。

…というか、「世間は狭い」という理論は、韓国でも同じである。

ここでの仕事が無事に終わり、Kさんが次の出張先へと向かう。

「今度ソウルに来たときには、Pさんと3人で飲みましょう。私も月に2回は家族のいるソウルに帰ってますので」

「そうですか。ぜひまたお会いしましょう」

握手をしてお別れした。

|

« ロードバイク・2日目 | トップページ | くたばれ!達成感 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロードバイク・2日目 | トップページ | くたばれ!達成感 »