« 19年ぶりに訪れた場所 | トップページ | 最近のストレス解消法 »

オシャレな町でレセプション

4月22日(金)

早めに職場を出て、都内に向かう。

夕方6時から、尊敬する先生の講演会が都内であり、それを聴きに行くためである。

今日の講演会が「基調講演」で、それをふまえた国際シンポジウムが、翌日の午前10時から都内の大学で行われる。つまり、かなり大きなイベントなのである。

20年ぶりくらいじゃないだろうか?山手線のこの駅に降りたのは。

ビックリするくらいオシャレな町である。

道行く人もみんなオシャレである。

駅から10分くらい歩いたところで、会場となる建物に着いた。

フランスの香りただよう建物である!

少し早く着いてしまい、講演会場で座っていると、講師の先生が会場にいらした。

「鬼瓦さん、来てくれたんですか!」

「ええ」

「鬼瓦さんが来てくれたなんて、うれしいなあ。このあと、レセプションに出てください」

「はあ」

講演会を聴いてそのまま帰るつもりだったのだが、まあ仕方がない。

2時間近くにわたる講演は相変わらず、聴衆の魂を揺さぶる「名人芸」だった。

「レセプション会場は7階です」

案内されるがままに、講演会場の1階からエレベーターで7階に上がった。

都内の夜景を見渡せる、じつにオシャレなレセプション会場である。

立食形式だが、フランスの香りただよう建物だけあって、並べてある料理もフランス料理のようである。

ビールとか焼酎とか、そういうのは置いてない。ワインとシャンパンだけである。

乾杯の音頭をとることもなく、司会がいるわけでもなく、自然とレセプションが始まった。

なるほど、これがフランス流か。

しかし困った。

レセプションに呼ばれたはいいが、参加している他の人を、誰ひとり知らないのである。

唯一知っている講師の先生は、他の人とひっきりなしに喋っているので、話しかけるわけにもいかない。

うーむ、困った。例のいたたまれない気持ちが始まったぞ。

1時間近く、手持ち無沙汰で過ごしたが、残りの30分くらいで、話し相手がようやくできた。

そうこうしているうちに、レセプションが終わった。

締めの挨拶とか、そういうのも一切ない。やはりこれもフランス流か。

結局、一番最後に出たのは、講師の先生と、その先生の下で学ぶ二人の方と、私の、計4人だった。

今日の講演会が上手くいったこともあり、先生はお酒をかなり飲んで、上機嫌だった。

「今日は鬼瓦さんに来てくれて、本当に嬉しいなあ」と、先生は繰り返した。

フランスの香りただよう建物を出て、山手線のオシャレな駅に向かう道すがら、先生は、

「まだ時間ありますか?久しぶりに鬼瓦さんとご一緒したので、もう1軒行きましょう」

とおっしゃった。

明日の朝10時から、先生は国際シンポジウムで司会をやるはずなのに、すでにかなりお酒を飲んでいらして大丈夫なのかなあと思ったが、久しぶりに先生にお会いしたこともあり、ここで断るわけにはいかなかった。

先生は、2次会でもビールをかなり飲みながら、上機嫌にさまざまな話をされた。

気がついたら11時半をまわっていた。

「明日またお会いしましょう」

山手線のオシャレな駅でお別れした。

「先生、いつになく上機嫌でしたね」と、先生のもとで学んでいる方が言った。

「そうなんですか?」と私。

「ええ。明日も早いのに、時間を忘れてお話になっていましたから」

さて、明日の10時までに、国際シンポジウム会場に着けるだろうか。

今日私が訪れた、そのオシャレな町の名は…。

|

« 19年ぶりに訪れた場所 | トップページ | 最近のストレス解消法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みーやーこーのー なーんせーい

ビールの とーなりー

投稿: 歌うこぶぎ | 2016年4月23日 (土) 02時13分

こぶぎさん、大正解!

なんと、翌日の国際シンポジウムの会場の場所まで当てちゃった!

投稿: onigawaragonzou | 2016年4月23日 (土) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 19年ぶりに訪れた場所 | トップページ | 最近のストレス解消法 »