« まどろっこしい話 | トップページ | 秘密のエレベーター »

せんだぎのにしきや

5月14日(土)

まったく休みがない。

旅に出たり、人に会ったりすることが、さすがに疲れてきた。

いっそやめてしまいたいと思うのだが、そういうわけにもいかない。

元総理大臣の選挙区だった町にある施設まで、日帰り出張である。新幹線で1時間45分。そこからバスで45分。

お昼に着き、昼食を食べる暇もないまま、午後いっぱい、そこでおこなわれているイベントを見学した。

夜、東京に戻り、いつもだったら上司に飲みに誘われるのだが、さすがに上司も疲れていたらしい。そのまま解散となった。

こっちはそのつもりで家族にも言ってあるし、それで妻も実家に帰ってしまったものだから、さあどうしよう。

高校時代の友人・元福岡のコバヤシに電話してみたところ、ヒマだというので、せんだぎのにしきやという、いかにも吉田類が訪れそうな居酒屋で飲むことにした。

「こんな仕事もうやめたい」と私が言うと、

「いいかげんにしろよ!どうせやめる気なんかないんだろう!」

と言われる。このやりとりは高校時代から変わらない。

あとは、高校時代の思い出話か、食い物の話。あ、あと、矢野顕子がいかにすごいかって話。

コバヤシの語るサラリーマン生活の話も抱腹絶倒である。コバヤシにもう少し野心というものがあったならば、山口瞳のような作家になっただろうにと思うのだが、本人にはてんで野心というものがない。

5月15日(日)

朝から偉い先生たちと、職場で仕事。夕方6時に仕事が終わり、例によって私が住む町にある「なんとか水産」とかいう大衆酒場で飲み会である。

さすがに疲れた。

|

« まどろっこしい話 | トップページ | 秘密のエレベーター »

コバヤシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まどろっこしい話 | トップページ | 秘密のエレベーター »