« 7時間座り続ける仕事 | トップページ | ぶよぶよするもの »

頭痛徒然草

6月18日(土)

7時間畳の上で座り続ける仕事が2日間続いたせいか、頭痛が激しい。

最近は、体調の悪くないときというのが、ない。

そんなときは、つらつらと、いろいろなことを考えてしまう。

歴史的な名曲が、セルフカバーでダメになる、ということが、よくあるよね。

たとえば、オフコースの「さよなら」。

YMOが好きだった高校時代、オフコースは大嫌いだった。その頃ラジオで坂本龍一が「オフコースは嫌い」という発言をしていて、たぶんネタの要素も強かったんだと思うが、私もそれを真に受けて、オフコースはまったく聴かなかった。

大人になったいまは、好きでも嫌いでもない。

ただ、あらためてオフコースの「さよなら」を聴くと、日本のポップス界の名曲だと思うのだけれど、小田和正がそれをセルフカバーしているバージョンはいただけない、と思ってしまう。

同じような理由で、やはり日本のポップス界の名曲であるスターダスト・レビューの「木蓮の涙」もオリジナル曲は素晴らしいが、のちにアコースティックバージョンでセルフカバーされたときは、全然よくなかった。

年をとってセルフカバーされた「さよなら」も「木蓮の涙」も、たんなるオッサンの感傷歌にすぎなくなってしまったのである。

どうして年をとると、若いころのよい部分を、ダメにしてしまうんだろう。

|

« 7時間座り続ける仕事 | トップページ | ぶよぶよするもの »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7時間座り続ける仕事 | トップページ | ぶよぶよするもの »