« またまた旅の空でした! | トップページ | ジャーナリスト »

メールでこんにちは

日本香堂がお送りする「メールでこんにちは」のコーナーです。

今日は、ハンドルネーム「元福岡のコバヤシ」さんからのメールを紹介します。

「鬼瓦殿

元福岡のコバヤシです。こんばんは。相変わらずブツブツ不満を言いながら、忙しくお過ごしのことでしょう。

ところで、今日は歓送迎会だったのですが、帰って来てふと暗闇に気配を感じ電気を付ければ台所の片隅にゴキブリが一匹、新聞紙を丸めて出直したらまんまと逃げられたので、暫く布団に横になって気配を伺っていれば何やらかさこそ音がするということで改めて台所に行くとゴキブリが何と二匹(つがいか?)、思わず「おお~っ!」と叫んで一瞬怯んだものの、何とか気力を振り絞り二匹もろとも先ほど用意した新聞紙で叩き殺したのですが、何やらまだ気配を感じるので冷蔵庫脇のゴミ袋の横を見ると二本のユラユラと動く黒く細い糸のようなものが…何ともう一匹、逃げ惑うのを追い詰めて叩き殺しましたが、もしや冷蔵庫の裏が怪しいと思い動かして見たら黒い糞らしきものが見えてきたので、これは!!と確信して良く見ると、これまたもう一匹、ほとんど失神しそうになりましたが、何とか正気を取り戻して逃げ惑うゴキブリを玄関まで追い詰め叩き殺しました。計4匹のゴキブリを叩き殺し今日はもうグッタリです。もしやまた何時の晩かに再び戦いを繰り広げねばならないのかと想像すると、また疲労感が…ということで、疲れたのでもう寝ます。

では、また。ごきげんよう。(ゴキブリ、また元気に、よう出てくるか!!恐ろしい!お粗末様でした<(_ _)>)」

…というわけで、元福岡のコバヤシさんからのメールでした。さては酔っ払って送ってきたな。

ゴキブリを4匹も退治したという、すさまじい内容でしたが、いくつになってもゴキブリは恐いものです。ゴキブリはかくも人類にとって戦慄を与える存在であることを思い知らされますなあ。

ゴキブリ、で思い出しましたけども、アタクシ、つい先ほどまで1泊2日の旅に出ておりまして、いろいろと車でまわったんですが、「ローカル番組がきっかけで人気者になり、いまや映画に主演したり大河ドラマに出演したりするようになったタレント」が生まれた市に行ってみたんですよ。

…これじゃあどこだかわからないか。

そこにこんもりとした土饅頭があるというので、行ってみたら、うっそうとした林の中にありまして、車をとめて、歩いて林の中に入っていったんです。

地面を見てビックリ!

蟻が大量発生しているんです!

地面を埋め尽くすほどの蟻が、うようよと動き回っているんですよ!

気がつくと、無数の蟻がズボンの裾からどんどん上に這い上ってくるではありませんか!

何なんだ、これは!

慌ててズボンに這い上ってくる蟻を振り払ったんですが、振り払っても振り払っても、次から次へと蟻が這い上がってきます。

このままでは俺の体全体が蟻にコーティングされてしまう!

こんもりとした土饅頭を見るのもそうそうに、車に逃げ帰ってきました。

(ひどい蟻地獄だったなあ)

と思って車を走らせていたら、フロントガラスに蟻が2匹、ちょこちょこと歩いています!

ズボンに這い上がってくる蟻を全部振り払ったつもりが、まだ残っていたんですね。

その残党が、一緒に車に乗り込んでしまったのです1

ほら、よくあるでしょう?

完全犯罪を成し遂げるべく、床に飛び散った血を全部拭き取ったつもりが、意外なところに血痕が残っていた、なんてこと。

あれと同じですね。

いまも、体の中に蟻がいるような気がしてなりません。

…ということで、みなさんからの近況メール、どしどしお待ちしております。

「メールでこんにちは」のコーナーでした。

|

« またまた旅の空でした! | トップページ | ジャーナリスト »

コバヤシ」カテゴリの記事

コメント

ある日の教室にて。

みなさん、「くりっかー」って知ってますか?

この位の機械を教室で学生に配って、ボタンを押すとアンケートができるというもので、「アクティブ・ラーニング」に使うんです。

「アクティブ・ラーニング」って知ってる?

知っている人は挙手。

あまり知らないね。

え、べつに知らなくてもいいや。

で、先週、期末レポート課題を発表して、プロジェクタでスクリーンに投影したら、みんなスマホを取り出して、一斉に写真を撮りはじめて、記者会見みたいな光景になったでしょう。

あれで、ひらめいちゃった。

くりっかーの機械がなくても、スマホのアプリでできないかなと探したら、「くりか」というアプリをみつけたので、早速使ってみようと思います。

はい、ではみなさん、スマホを出して。

「くりか」のホームページを検索したら、このIDとパスワードを入力してください。

スマホ持っていない人いますか? 持っていない人は手を上げて。

さすが、平成生まれ。みなさん持っていますね。

パスワード打ち込みましたか? まだの人は挙手。

はい、少し待ちます。

もういいかな。まだの人、手を上げて。

はい、ではスマホ画面に表示された番号を押してみましょう。

ほら、即座に棒グラフで何番を押したか、人数が表示される。面白いでしょう?

それじゃ、ここまでできた人は、1番を押してみて。

まだの人は、挙手。

投稿: 昨日書くはずだった脳天気なコメント(こぶぎ) | 2016年7月17日 (日) 05時39分

「くりか」というアプリのことは知らないけれど、「こくり」というアプリのほうが使えるかもよ。「久米宏 ラジオなんですけど」で聞いた情報ですが。

投稿: onigawaragonzou | 2016年7月20日 (水) 01時03分

(まち・ひと・話題)

黒板に文字や図形を投影した画面の中に、先生自身が映り込んで完成させる授業が話題となっている。

この授業法を考え出したのは、万葉市の高校で歴史を教える鬼瓦権三先生。

専用のアプリを用いて、文字ばかりのスライドを100枚以上も黒板にプロジェクタで投影しながら、写真や図の部分は、先生自身が黒板の前に立ち、スライドの一部となって映り込むというものだ。

歴史上の人物や仏像などは序の口。石碑や木簡といった無機物から、落書き、朝廷、仏教伝来などの抽象概念に至っては、身振り手振りを交えてジェスチャーゲームそのもの。大汗をかきながらのパフォーマンスは、生徒を飽きさせない。

静止画でなく、生身の人間が映り込んでいるから「アニメ」も簡単だ。

聖徳太子に扮して黒板に十七条の憲法を書き込んでいくパフォーマンスなどは、生徒がスマホで撮影してSNSに投稿したところ、それを見たブロードウェー関係者から問い合わせが来るほど、完成度の高いものだったそうだ。

実はイラストが下手で、文字ばかりのスライドを作っていたのですが、ある時、あやまって自分の顔に文字が映り込んだのを「耳なし芳一かよ」と言ったところ、生徒にバカうけ。以来、やみつきになりましたと鬼瓦さん。

衣装や小道具で月収の半分が消えると苦笑しながら、今日も黒板脇の更衣用テントから出たり入ったりして、教育とアートの融合を目指す挑戦が続いている。

(万葉支局・こぶぎ哲也)

投稿: こぶぎ哲也 | 2016年7月20日 (水) 03時41分

クイズの出題者が解答に気がついていないようなので、自分で書いておきます。

こぶぎさん、大正解です!

え、べつにいいって?

今年も、どうでしょうキャラバンの時期になりましたねえ。

http://www.htb.co.jp/caravan2016/

投稿: 自己採点こぶぎ | 2016年7月29日 (金) 05時36分

うーむ。何のクイズに対して、どう正解したのかがもはや出題者の自分でもわかんなくなっちゃった。

投稿: onigawaragonzou | 2016年7月30日 (土) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた旅の空でした! | トップページ | ジャーナリスト »