« ラジオだったんですけど | トップページ | 刀剣男子 »

出馬要請の極意

7月13日(水)

最近はどんな仕事をしているかというと、いろいろな人に会ったりメールを出したりして、出演交渉やスカウトに明け暮れる毎日である。

人に会うことを厭うことなく、交渉しなければならない。

私のもっとも苦手とする仕事である。

しかしいまはそれを、誰よりも頻繁におこなっている。

メールでの交渉も多い。

一日がメールを書いて終わることだってあるのだ。

ある方に出演交渉をおこなったところ、半月近くメールでやりとりさせられた。

私が粘り強く交渉すればするほど、もったいぶるのか何なのか、はぐらかそうとする。

この人しかいない!と思いながら出演交渉してきたのだが、これでは埒があかないと思い、この方との交渉を諦めた。

もう一人の方に交渉するも、やむを得ぬ事情により断られる。

打つ手なしか!と天を仰ぎ、ダメ元で最後の砦となる方に交渉したところ、快諾いただいた。

結果的に、いちばんよい結果となった。

最初に「この人しかいない!」と思っていたのはたんなる思い込みで、そんなことは全然なかったのである。

今日もそうである。

2,3週間前からある方に出演交渉していたのだが、そろそろタイムリミットの日である。

「そろそろお返事を…」

とうかがうと、きっぱりと断られた。

その断られ方は、これ以上粘ってもダメだ、という断られ方である。

(この人しかいなかったのに…)

万事休すか?天を仰ぐと、ひとり、候補となる方の名前が浮かんだ。

ただ、快諾いただけるかどうか…。

急いでその人に交渉してみると、その場で快諾していただいた。

これもまた、結果的にいちばんよい結果となった。

都知事選の出馬交渉っていうのも、こんな感じなのかな。

まあそれはともかく。

結論。

どんな局面でも、この人しかいない!という結論は、ありえない。

|

« ラジオだったんですけど | トップページ | 刀剣男子 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジオだったんですけど | トップページ | 刀剣男子 »