« トラブルシューター | トップページ | 続・原点はニットウジ書店 »

究極の一人芝居

朝のラジオで、伊集院光とイッセー尾形が対談していたのを聴いて、久しぶりにイッセー尾形の一人芝居が見たくなった。

一番好きなネタは、「アトムおじさん」である。深夜のフジテレビで、「イッセー尾形が見たい!」というライブが放送されたとき、あまりに可笑しくて笑い死にするかと思った。

ストリップ劇場の幕間に出てくる老芸人を演じる。喋ろうとすると痰がからんでしまい、ちっともネタが受けない。

このキャラクターは、山田洋次監督の映画「男はつらいよ ぼくのおじさん」に受け継がれている。山田監督もこのネタを気に入っていたのだろう。

「移住作家」というネタも好きである。ハクをつけるために海外に移住する作家の話だが、結局、誰もかまってくれない。たまたま取材に来た記者に対して、作家としての威厳をたもちながら、それでいてかまってもらおうと必死になる。いまでいう「かまってちゃん」である。

さまざまな人間を演じてきた彼が、究極の一人芝居を演じたのが、アレクサンドル・ソクーロフ監督のロシア・イタリア・フランス・スイス合作映画「太陽」(2005年)だと思う。

ここで彼は、日本の「やんごとなき」人物を演じる。もちろん、この映画には多くの共演者はいるが、事実上、イッセー尾形の一人芝居といってよい。

有名俳優に断られた結果、イッセー尾形が演じることになったともいわれているが、逆にイッセー尾形以外に、誰がこの役を演じることができただろうか、とさえ思えてくる。

そのテーマ性から、日本での公開は不可能ではないか、と当初はいわれていたが、翌年の2006年8月に日本でも公開された。いまからちょうど10年前である。

ひとりの人間としての「孤独とおかしみと悲哀」を描き出している。「人間の孤独とおかしみと悲哀」を見事に演じることのできるイッセー尾形であればこそ、この役にふさわしい。

この映画で提起されているひとりの人間としての内面は、10年たったいまでも変わっていないのではないだろうか、と、ふと想像してしまう。

|

« トラブルシューター | トップページ | 続・原点はニットウジ書店 »

名優列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トラブルシューター | トップページ | 続・原点はニットウジ書店 »