« 学位論文 | トップページ | キム先生 »

卒業論文

9月15日(木)

大学時代に最も恐かった先生と、いま、一緒に仕事をしている。

月に1回程度、都内で3時間ほどの会議をするのだが、会議なんてものではない。真剣勝負のゼミである。おまけに宿題も出る。

この年齢になってもまだ、宿題をやってこなかったことを先生に叱られるとはね。

会議が終わると、いつもの居酒屋で3時間ほどお酒を飲む。

このときの先生は、えらく上機嫌で、会議のときの厳しさとはうって変わって、おもしろい話をしたりする。

「いままで、いろいろな卒論を読まされたなあ」と先生。

「どんな卒論です?」

「いちばん可笑しかったのはね。

『夏目漱石と私 -とくに私について-』」

「ほとんど自分のことしか書かないってことですね」

一同大笑い。

私がこれまで読んできた卒論の中には、そんなぶっ飛んだ内容のものはなかったなあ。

|

« 学位論文 | トップページ | キム先生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

上手い!笑った。読んでみてーその卒論。漱石の立場は…

投稿: A.U | 2016年9月22日 (木) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学位論文 | トップページ | キム先生 »