« 古新聞を買う時代 | トップページ | コバヤシ語録 »

あおりといってもイカではない

9月8日(木)

私が編集を担当した雑誌が、ようやく校了した。

ここ数日、録画しておいたドラマ「重版出来!」を見ているせいか、どうも自分の仕事を漫画雑誌の編集者と重ね合わせてしまう。

うちの雑誌では、執筆者の先生方の文章に200字程度のリード文をつけることになっている。リード文を書くのは、執筆した先生ではなく、編集担当者である私である。

「重版出来!」を見ていた読者諸賢にはおわかりと思うが、マンガ業界でいうところの「あおり」というやつである。

連載漫画を読んでもらうために、執筆する漫画家ではなく、編集担当者が人の心をとらえる「あおり」を書くのだ。それと同じである。

本文の内容が、多少高尚であったり、とっつきにくかったりすると、読んでもらうためには、印象づけるためのリード文が必要である。

私も編集者よろしく、執筆者の先生方の本文を読んで、その魅力を伝えるためのリード文を作るのに頭をひねった。

4本分のリード文を書いた。

そのうちの1本が、自分としては、会心の作である!と思った。

まるで「Gメン75」とか「特捜最前線」の予告編みたいな、キレッキレのリード文になったぞ!

ところが、である。

初校の段階で、執筆者の先生に見てもらったところ、4人のうち、1人の先生だけが、私のリード文が少し気に入らなかったのか、赤を入れてきた。

そのリード文というのが、自分がいちばん「会心の作だ!」と思っていたリード文だったのである。

これまでの経験上、よっぽどの間違いがない限り、編集担当者が書いたリード文を執筆者が手直しするなんてことは、まずないのだが、その方は、私の文章表現のリズムが、よほど合わなかったらしい。

内容を変えることなく、文章のリズムを変えてしまわれたのである。

ま、ここまでくると、単に好みの問題、ということなのだろうが私にとって心地よかった文章のリズムが、その先生にとっては違和感だったようである。

逆に、執筆者の方が直した文章のリズムは、どうも私には合わない。

さあ、こんな時、編集担当者だったらどうするのか?

たとえ「俺の書いたリード文のほうが文章がキレッキレだぞ!」と思っても、「執筆者の意向にしたがう」というのが正解である。

ということで、ここは何事もなかったかのように修正案にしたがった。

忸怩たる思いが残ったが、でもそんなこと、読者にとってはどうでもいいことかもしれない。

編集者の気持ちが、少しだけわかったような気がした仕事でありました。

納品が楽しみである。

|

« 古新聞を買う時代 | トップページ | コバヤシ語録 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古新聞を買う時代 | トップページ | コバヤシ語録 »