« その町のインターチェンジ | トップページ | クイズの答えの訂正 »

指揮をするように鍋をかき混ぜる

こぶぎさん、大正解です!

さて、第2問です!

10月17日(月)

この町での1日目の仕事が無事終了した。

「夕食に行きましょう」

この町でお世話になっているDさんに連れて行ってもらったのは、作業場から車で5,6分ほど行ったところにある、豆腐料理の店だった。

1月に来たときにも一度訪れたことがあることを、この店の主人の顔を見て思い出した。

Photo

この店の豆腐料理は、伝統とオリジナルが同居したフュージョン料理というべきもので、しかも化学調味料など一切使っていない、ヘルシーで上品な味だった。

このお店の主人も、白髪の老紳士といった上品な出で立ちである。髪型がどことなく、お茶の水博士にも似ている。

豆腐料理屋を運んでくるさまがじつに上品なので、老紳士が豆腐料理を運んでくるたびに私は姿勢を正して、料理がテーブルに置かれるのを待っているのだった。

最後に豆腐の鍋が出てきた。

老紳士はじっと鍋を見つめながら、ゆっくりゆっくりとおたまでかき混ぜて、しばらくしてから、

「もう食べていいでしょう」

と言って、去って行った。

そのかき混ぜ方がじつに絵になっていたので、私は思わずDさんに言った。

「あの店長さん、まるで芸術家みたいですね」

「芸術家ですよ」

「え?」私は驚いた。「本当ですか?」

「本当です。あの方は、指揮者をやっておられます」

なんと!本業は指揮者だというのだ。

いや、本業は豆腐料理屋の主人で、副業が指揮者なのか?

そんなことはどうでもよい。いずれにしても指揮者兼豆腐料理屋の主人なのである。

会計を済ませようとレジに行くと、レジのところに、店の主人が指揮者をしている写真が飾ってあった。

会計を済ませたあと、少しばかりお話を聞いたところ、

「市街地に行けば、魚料理の店だとか、いろいろとあるけれど、この町の本当の名物料理を食べさせる店は少ない。だから町の外れのこの店に、わざわざ食べに来る客が多いのだ」

と誇らしげにおっしゃっていた。

「とても美味しかったです」というと、

「それはそうだろう。うちの妻は料理研究家だからな」

と、やはり誇らしげにおっしゃった。

誇り高く、そしてこだわりを持っていれば、どこにいようとも人は集まってくるのだ。

たとえそれが、片田舎の小さな豆腐料理屋さんであろうとも。

さて、その豆腐料理屋というのは…。

|

« その町のインターチェンジ | トップページ | クイズの答えの訂正 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

地元にカフェができた。

充実したモーニングが売り物で、山小屋風の外観が特徴的な、あのチェーン店である。

吹きだまりオフ会で、鬼瓦さんも行ったことがある。

ところが、行ってみると何か違う。

なにしろ、店のトレードマークからして、亀の甲羅から湯気が3本立っている絵なのだ。

おやおや、○メダ珈琲と思っていたら、△メダ珈琲って看板に書いてあるじゃないか。

ここで問題。

鬼瓦さんの行った店は、どうふうカフェでしょうか?

投稿: カフェ違いこぶぎ | 2016年10月18日 (火) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その町のインターチェンジ | トップページ | クイズの答えの訂正 »