« ボブ・ディランにはなれない | トップページ | 指揮をするように鍋をかき混ぜる »

その町のインターチェンジ

10月16日(日)

またまた旅の空です。

韓国のこの町を訪れるのは、今年に入って3回目である。

1年に3回もこの町を訪れる日本人は、そうはいないのではないだろうか。

そういう意味では、やはりこぶぎさんがいうところの「このブログの聖地」である。

今回の滞在期間は1週間である。

ほかの仕事に忙殺されていたため、十分な準備なく、出発することになってしまった。

今回の指令は、次の通りである。

「空港に着いたら、高速バスに乗ってください」

「高速バスですか?」

私がその町に行くときは、たいていKTX(韓国の高速鉄道)に乗ってしまう。だが今回は、高速バスに乗れという指令である。

「その町を最終目的地とする高速バスはありませんから、その先の町まで行くバスに乗ってもらいます」

「はあ」

「その先の町まで行くバスが、途中、その町のインターチェンジでとまります」

「インターチェンジですか?とすると、空港からその町に行こうとすると、市街地ではなく、インターチェンジのところで降ろされるということですね」

「そのとおりです」

高速道路のインターチェンジは、たいていの場合、市街地のはずれにある。

「不便ではないですか?」

「いえ、そんなことはありません。そこからのほうが、作業をする場所には近いんです。KTXの駅からだと、むしろ遠くて不便です」

「なるほど、しかし、インターチェンジで降りたとして、そこからの移動手段がないでしょう?」

「運がよければそこにタクシーがとまっていますので、タクシーに乗って、ホテルまで行ってください。ホテルの名前は、○○○モーテルです。タクシーの運転手さんにそう言ってください。タクシーがいなければ、何らかの方法でタクシーを呼んでください」

「わかりました」

その指令だけを頼りに、空港からその町に向かうことにする。

午後にソウルの空港に着き、関西の空港からこちらに到着した職人さん2人と合流する。

このお二人を、責任をもって目的の町までお連れしなければならない。

バス乗り場を探し、目的のバスに乗り込む。

高速バスに乗ること3時間。

目的の町のインターチェンジに着いたのが、午後6時半。すでに家を出てから10時間が経過していた。

運よく1台のタクシーがとまっていた!

急いでタクシーのところに駆け寄り、運転手さんに行き先を告げて、無事に宿泊するホテルに到着した。

ホテルの前では、今回の仕事でお世話になるDさんが待っていた。

「大変だったでしょう」

「バスだと思ったより時間がかかりますね」

「そうなんですよ」

ともあれ、全員がこの町に無事に着くことが、今回の私の重要な仕事だったので、ひとまずは安心である。

あとは、明日からの仕事が滞りなく終わることを祈るばかりである。

私が滞在しているその町というのは…。

|

« ボブ・ディランにはなれない | トップページ | 指揮をするように鍋をかき混ぜる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そんなとこまでよく行くさん。

投稿: こぶぎミルク | 2016年10月17日 (月) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボブ・ディランにはなれない | トップページ | 指揮をするように鍋をかき混ぜる »