« 協定締結式 | トップページ | マンツーマンツアーガイド »

アリランは身をたすく

11月25日(金)

公式行事の2日目は、記念シンポジウムである。といっても私は、ただお供として参加しているだけである。

昨日以来、中国から来たトウ先生とのコミュニケーションがとれないことが、悔しくて仕方がない。

英語も中国語も満足に喋れないのである。

心なしか、トウ先生も私を避けているように思えてきた。

(ああ、やっぱり俺は国際交流なんかに向いてない…)

どうして、ちょっとした英語すら、喋れないのだろう。自己嫌悪に陥るばかりである。

シンポジウムが終わり、夕方から晩餐である。

会食の席上で、あることに気がついた。

私のしている「勝負ネクタイ」と、中国から来たトウ先生の「勝負ネクタイ」が、全く同じネクタイだったのである!

ハングルが書かれた、青色のネクタイである。

どうやらトウ先生は、以前に韓国に来た時に、そのネクタイを買ったらしい。聞いてみると、買った場所も私と同じところであった。

「このネクタイに書かれたハングル、何が書いてあるかわかりますか?」主催者側の韓国の方が私たちに聞いた。

「さあ」

「アリランの歌の歌詞ですよ」

アリランとは、韓国の有名な民謡である。

「アリランですか!」

もちろん私は、アリランという歌を知っていたのだが、中国から来たトウ先生は、その歌のことを知らない様子だった。

「どんな歌なんです?せっかくだから覚えて帰りたい」と、トウ先生が言った。

主催者側の韓国の方が歌おうとしたので、すかさず私もそれに合わせて歌った。

「あ~りらん あ~りらん あ~ら~り~よ~

あ~りらん こ~げ~ろ~ の~もかんだ~」

すると、

「あなた、歌が上手いね」

と、トウ先生が英語で私に言った。

たったワンフレーズだったのだが、トウ先生には、私の歌がひどく上手に聞こえたらしい。会食中、何度も、

「あなた、歌が上手い」

と言われたのである。

そして会食が終わり、別れ際にトウ先生は私に言った。

「今度あなたが中国に来たら、一緒にアリランを歌いましょう」

トウ先生は、にこやかに私と握手をして、去って行った。

こうして2日間にわたる公式行事が、無事に終わったのであった。

|

« 協定締結式 | トップページ | マンツーマンツアーガイド »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。


いつも大変な旅ばかりですが、

今回は特別だったでしょう。

成功裡に終わって、よかったです。

毎回欠かさず見ていますが、

「もうネタがない」と言わずに

ずっと続けてほしかった。

残念です。

でも忙しいだろうし、体も大事にしないと。


今までありがとうございました。

 
 
 
 
 
太川&蛭子さん。


あれ?

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」へ出すメール、間違って出しちゃったかな?

投稿: ファンレターこぶぎ | 2016年11月28日 (月) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 協定締結式 | トップページ | マンツーマンツアーガイド »