« ついに恐れていたものが来た | トップページ | アリランは身をたすく »

協定締結式

11月24日(木)

8時50分の羽田空港発の便に乗り、金浦空港に着いたのが11時30分頃。

空港を出てからは、日程がノンストップである。

空港まで迎えに来ていただいた車に乗り、13時から会食、14時過ぎから会議である。

今回は韓国だけでなく、中国も交えた、三者会議である。

中国の方も韓国の方も英語が堪能なので、何となく公用語が英語になる。

こんなことなら英語を勉強していればよかった。

議長国の韓国によるさまざまな提案に対して、その場で一つ一つ対応していかなければならない。

かなり大きな課題を突きつけられて、会議が終わった。

4時からはいよいよ協定締結式である。

Photo講堂に集まり、韓国と日本、韓国と中国が、それぞれ協定を締結した。

ここに至るまで、それなりにいろいろな苦労があった。

今年の夏頃から交渉をはじめ、直接会って話をしたり、メールのやりとりをしたりと、外交の下交渉のような慣れない仕事をした。

ただ、これからがタイヘンである。

はたして今日約束したことを、ちゃんと実行していけるだろうか。

協定締結式が終わり、社内見学をしたあと、午後5時半過ぎ、また車に乗り、晩餐会場へ向かう。

ここでも英語が公用語だった。

(俺は何の役にも立っていない…)

ひどく落ち込んだ。

晩餐も終盤にかかり、韓国と中国の方にお土産を準備していますと言ったらゴルフクラブですかと笑われた。どこぞの首相が嬉々として次期大統領へゴルフクラブをお土産に持っていったことが、世界では滑稽な話題となっているようである。ひょっとして同じように思われているのかもしれないと、これまたひどく落ち込んだ。

午後8時、ようやく解放され、ホテルに向かう。ソウルの夜は身の危険を感じるほど寒い。ヘタに外に出ると凍死しかねないほどである。大げさではなく。

明日もまた公式行事である。

|

« ついに恐れていたものが来た | トップページ | アリランは身をたすく »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

I also tried to write this in English, but it was boring to do. So roma jide kaku koto nisita. Han-cyu han-iru two kokukan goto no kyoyaku toha, masani Trump's TPP no idea to onaji desuna. Golf gag ha sokomade fukayomi sinaito. At ketsunyo dasi tara at no yotei ha cancel sinasai.

PS. "Hangul museum no locker no basyo ga wakari ni kui" to Kancho ni monk ittene.

投稿: Turtle | 2016年11月25日 (金) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに恐れていたものが来た | トップページ | アリランは身をたすく »