« アリランは身をたすく | トップページ | 光の国からのメッセージ »

マンツーマンツアーガイド

11月26日(土)

2日間にわたる公式行事が終わり、今日はフリーの日である。

今回の旅では、新卒入社2年目の新人君も随行していて、彼の見聞を広めるために、私に韓国を案内せよと、上司からお達しがあった。「場所は任せるから」。

ということで、私はまる1日、新人君のツアーガイドに徹することになった。

さあ、どのようなツアーにしようか?

考えた末に、郊外の町に行くことに決めた。私にとっても、久しぶりに訪れる町である。

韓国に留学していた2009年2月、当時の職場の教え子たちが、卒業旅行として韓国に来てくれたのだが、そのときに案内した町である。

新人君も、年齢からいえば大学生とさほど変わらないので、あのときのツアーを再現しよう、と思ったのである。

ソウルの宿泊先から1時間半ほど、鉄道とバスを乗り継いて、目的の町に着く。

Photo歩き続けているうちに、あまりに寒くなり、しかも途中で雪が降ってきた。

しかし雪もまた、風情がある。

Photo_2お昼になり、昼食をとることにするが、私がこの町に来ると必ず行くお店に行った。カルビ焼肉の店である。

「腹一杯食え」などと若者に肉を食わせるなんぞ、もう完全におっさんのやることだな。

夕方、宿泊先の近くに戻り、周辺を歩く。

このあたりも、7年前の卒業旅行の時に、学生たちを連れてきた町である。

あの頃から比べると、この町もずいぶんと変わった。

2数年前に新しくできた「斬新な建物」のまわりには、おびただしい数の造花のイルミネーションが飾られており、息をのんだ。

この光景を、7年前の学生たちにも見せてやりたかったなあと思ったが、もう7年前の卒業旅行のことなどとっくに忘れてしまっているだろう。

そのとき連れて行ったマッコリの店はまだ営業をしていたが、そこには寄らず、タコ料理の店に新人君を連れて行った。

Photo_3韓国の南部の海で取れるタコを使った鍋である。

「もう食えません」さすがの新人君も胃が疲れたようだ。

さて、ここでクイズです。お昼に行ったカルビ焼肉屋と、夜に食べたタコの鍋に共通するハングル2文字とは、何でしょう?

|

« アリランは身をたすく | トップページ | 光の国からのメッセージ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

食品・飲料中のプリン体含有量

http://www.tufu.or.jp/gout/gout4/447.html

豪華な会食が続いた後に、わざわざカルビの名産地に行っちゃウシ、

イカもいかん。とんでむんないぞ。

カルビ屋の煙突みたいな看板の記念写真なんか撮っていないで、

新人研修はKBS「ギャクコンサート」の「抜き差しCan't」コーナーみたいなメニューにしなさい。

https://youtu.be/wtci6vONreM

くれぐれも「愛はLarge」コーナーと間違えないように。

https://youtu.be/piTB8PyKfu0

こんなに食べたら、太りすぎて体がぽよんぽよんになっちゃうよ。

投稿: 菜食こぶぎ | 2016年11月28日 (月) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリランは身をたすく | トップページ | 光の国からのメッセージ »