« めざせロッパ | トップページ | ついに恐れていたものが来た »

最初に親しげに声をかけてくるヤツ

前にもこの話を書いたことがあるような気がするが。

就職するときに、人生の先輩にこんなことを言われた。

「最初に親しげに声をかけてくるヤツには気をつけろ」

何度か職場を転々としたが、この教えが正しいことをそのたびに実感した。

ひょっとして、これは全世界的な真理なのではないだろうか?

私のような凡人でも気づくようなことである。

ましてや、人を押しのけて社会的に高い地位に就くような人は、

「最初に親しげに声をかけてくるヤツには気をつけろ」

という真理は、イロハのイ、のはずである。

ところが不思議なことに、「最初に親しげに声をかけてくるヤツ」自身は、どうやらその真理に気づいていないようなのである。もし気づいているとしたら、こんなバカなことはしないはずである。

もし、「最初に親しげに声をかけてきたヤツ」がそのことを自慢げに話していたとしたら、声をかけられたヤツは、そいつを滑稽に思うに違いない。

だがもし、声をかけられたヤツがその真理に気づかない人だったとしたら、そいつもまたバカである。

つまりいま私が知りたいのは、バカなのは「最初に親しげに声をかけてきたヤツ」だけなのか?それとも声をかけられたヤツもバカなのか?ということなのである。

|

« めざせロッパ | トップページ | ついに恐れていたものが来た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めざせロッパ | トップページ | ついに恐れていたものが来た »