« くたばれ!人生訓 | トップページ | 映画版「あの空にも悲しみが」 »

尻を叩く役

2月2日(木)

午前、遠方から、職場にお客さんがやってきた。

私の大学時代の1学年上の先輩であるSさんの職場の同僚、Rさんである。

大学時代の1学年上の先輩であるSさんについては、前にも書いたことがある。

以前書いた記事を引用する。

「Sさんとは、年齢がほぼ同じだと言うこともあって、仲がよかった。Sさんが4年生の時、卒論が間に合いそうにない、ということになり、徹夜でお手伝いしたことがある。結局、その卒論は不合格となったのだが。で、翌年、Sさんと私はそろって大学院に進学した。

そのSさんが、数年後、就職が決まり、遠くに引っ越すことになった。私は、その引っ越しの手伝いもすることになったのである。

いかにも「○○荘」といった感じのぼろアパートの部屋に行くと、アパートが傾くんじゃないか、というくらいの本やガラクタが散乱していた。

ありとあらゆる書類がとってある。大学入学時のオリエンテーションパンフレットとか。

「こんなのいるんですか?」

「いるよ。とにかく段ボールに詰めて」

言われるがままに段ボールに詰めた。

極めつけは、流しの戸棚から、「峠の釜めし」の駅弁の容器が、5,6個出てきたことである。

北関東出身のSさんは、帰省するたびに、名物の「峠の釜めし」を買って食べていたのだろう。

「こんなのも引っ越し先に持って行くんですか?」

「持って行くよ」

「え、どうしてです?」

「だって、これで米を炊くかもしれないじゃん」

ええぇぇぇぇ!そんなこと、絶対あり得ない。釜めしの容器でご飯を炊く機会なんて、絶対ないだろう。

のちのち必要になるかもしれないからとっておく、というのは、ゴミ屋敷のオヤジの発想である。

「全部ですか?」

「全部」

私はだんだん腹が立ってきた。1つならまだしも、5,6個あった「釜めし」の容器をなにも全部持って行くことはないだろう。

あまりに腹が立ったので、Sさんが目を離しているすきに、釜めしの「うつわ」と「ふた」を、全然別の段ボールに、バラバラに梱包してやった。

(これで、段ボールをあけたときに、「あれ?うつわはあるけどふたがない」とか、「ふたはあるけどうつわがない」となって、さぞかし困るだろうな、ククク)

なんとも地味な嫌がらせである。

一事が万事そんな感じで、ほとんどのモノを捨てることなく、段ボールに詰めるだけ詰めて、新天地まで運んでいったのであった。」

…というエピソード。

私は、Sさんの卒論を手伝い、実は修論も手伝い、そして就職の時の引っ越しも手伝った。Sさんは、卒論とか修論とか引っ越しとか、自分にとって「大きなイベント」があるたびに、長考に入り、ギリギリになるまで自分の中で抱え込んでしまう、というクセがあった。私はそのたびに、Sさんのお尻を叩き、抱え込んでいるものを共有する、という役目をしていたのである。

私は20代の大半を、Sさんとともに過ごしたが、Sさんが就職して遠くに行ってからは、つい最近まで、ほとんど音信不通の状態だった。ところが昨年あたりから、仕事で何度かお会いするようになったのである。

そしてその過程で、Sさんと同僚のRさんとも、これまで2度ほど、お会いしたことがあったのである。

2日ほど前、そのRさんから電話があった。

「2月2日の午前中に、そちらの職場にうかがってもよろしいでしょうか。少しお話ししたいことがあるもので」

「いいですよ。ただし場所が遠いですよ」

「かまいません」

まだ2回しかお会いしたことのないRさんが、わざわざ私の職場に来て話したいこととはなんだろう?お話し好きの方、という印象があったから、たんなる雑談をしに来るのだろうか、とも思った。

さて当日。

Rさんがうちの職場にお見えになった。

「はるばるとこんな遠いところまで来てくださって、ありがとうございます」

「今日は実は、ひとつ折り入ってご相談といいますか、お願いがあってやって来ました」

「何でしょう?」

「今年の秋に、うちの職場で、大きなイベントをやることはお話しましたでしょう」

「ええ、うかがいました」私も少し、協力することになっていた。

「Sさんがこのイベントの主担当なのですが」

「そうでしたね」

「実は、なかなかこのイベントの方向性がまだ見えてこなくて、Sさんも困っているようなんです」

「そうですか」

「Sさんも、ああいう慎重な方なんで、なかなかコトが進まなくて…」

「そうでしょう」Sさんらしい、と思った。

「そこで相談なのですが」

「はい」

「鬼瓦さんに、これからイベントが始まるまでのあいだ、Sさんの尻を叩いてほしいんです」

「私がですか?」

「定期的に、Sさんの尻を叩いてもらえませんか?」

「はあ」

「そうすれば、Sさんもイベントに向けて仕事が進むと思うんです」

私は驚いたと同時に、笑いがこみ上げてきた。

学生時代、私はSさんが卒論を提出するまでの間、Sさんの尻を叩き続ける役目を果たしていた。修論の時も、引っ越しの時もそうだ。

それから25年がたち、結局私は、Sさんに対してまったく同じ役目を果たすことになるのだ。人生とは、まことに面白い。

「大きなイベント」を前にして長考に入り、ギリギリになるまで自分の中で抱え込んでしまう、というSさんの性格は、学生時代のままだった。

だとしたら、尻を叩くのは自分しかいない。

そのことを知ってか知らずか、同僚のRさんは私のところに相談に来たのである。

そしてそれは、Sさんがいまの職場で同僚たちに慕われてることも意味した。

「わかりました。引き受けましょう。いままでも、私はそうしてきましたから」

「よろしくお願いします」

ということで、秋のイベントまでの間、折にふれてSさんのところまで出かけていって、尻を叩く役を仰せつかったのである。

またひとつ、仕事が増えたなあ。

|

« くたばれ!人生訓 | トップページ | 映画版「あの空にも悲しみが」 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くたばれ!人生訓 | トップページ | 映画版「あの空にも悲しみが」 »