« カメムシにご用心 | トップページ | 帝一の國 »

気温が2度低い町

4月27日(木)

W君の依頼で、「前の勤務地」にあるW君の職場に行く。

W君は、「前の職場」の教え子ではなく、「前の職場」の近くにある「丘の上の大学」の学生で、僕がそこで週に一度授業を持っていたときの学生だった。言ってみれば教え子である。

教え子から仕事の依頼が来て、ともに仕事をするというのは、実に感慨深いことである。

朝、W君の職場の最寄りの駅(無人駅)に着くと、W君が車で迎えに来てくれていた。

「この辺は、まだ桜が咲いてるねえ」

Photo「ここは、市内よりも2度ほど気温が低いんです。市内の桜はもう散ってしまったけれど、ここはまだ咲いているんです」

「なるほど」いい時期に来たものだ。

W君の職場に着いた。

「Uさんが帰ってきてますよ」

職場のみなさんが口々に言う。

同い年の盟友・Uさんの職場でもある。彼は2年ほど隣県の支援のための仕事をしていて、この4月に帰ってきたのだ。

「さっそく賑やかになりましたよ」

職場のみなさんが口々に言う。

そうか。

Uさんは、寅さんなのだ。

たまに柴又の家に帰ってきて、引っかき回して、またふらりと旅に出て行く。

いないと寂しいが、いるといろいろな意味で賑やかになる。

また少ししたら、Uさんは職場から少し離れたところで仕事をするのだという。

まるでフーテンだな。

今日は1日、慌ただしかったので、Uさんとも二言三言、言葉を交わすだけだった。

あっという間に帰る時間となった。

「なんだよ、もう帰んのかよ」

「また来るから」

「今度はうちに泊まっていけよ。俺がいなくても、夜に来て勝手に寝ててもいいからさぁ。車も2台あるから、使いたいとき使っていいよ。たぶん家族も許してくれるだろうよ」

その言い方もまた、寅さんである。

|

« カメムシにご用心 | トップページ | 帝一の國 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメムシにご用心 | トップページ | 帝一の國 »