« 今日は通訳係 | トップページ | 新幹線の乗りすぎに注意! »

吾輩は猫でした

密室の猫

5月17日(水)

大阪への日帰り出張の帰り、妻から連絡が入った。

妻の実家で飼っていた雄の老猫が、今日、老衰のため息を引き取ったという。

享年18歳。

大往生、というべきであろう。

結婚する前から、その猫は妻の実家で飼われていたので、私はその猫よりもあとに家族になった、新参者である。

猫は、自分が家族の中でどの位置にいるかを、よく知っていた。もちろん私は、猫よりも序列が下だった。噺家でいえば、猫の方が「あにさん」である。

妻と妻の実家の人たちは、文字通り猫っかわいがりしていた。家族の一員だった。

2年ほど前からだったか、後ろ足が急速に弱くなったみたいで、後ろ足を引きずって歩いたりしていた。

先週あたりから、食事ものどを通らなくなったようだったが、妻と実家の人たちの看病もむなしく、本日、旅立ったのである。

110708_212401名前を、マーブルといいます。

合掌。

|

« 今日は通訳係 | トップページ | 新幹線の乗りすぎに注意! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は通訳係 | トップページ | 新幹線の乗りすぎに注意! »