« キム・ジンギュ最強説 | トップページ | メールの暴力 »

ゴルフ偏見

暇なのでどうでもいいことばかり思い浮かぶのだが。

僕は、ゴルフというものを、いままでやったことがない。

たぶんこれからも、一生やるつもりはない。

ルールすら知らない。

職業柄というのか、僕の同業者で、ゴルフを趣味にしている人は、ほとんどいない。

というか、身のまわりの知り合いで、休みの日にゴルフに行く、という人が、まったくいないのだ。

ところが、世間にいる僕の世代の中には、ゴルフを趣味にしている人が、けっこういるようだ。というか、世間的には、そっちの方が多いんじゃないか?

とくに、企業に勤めている人の中に、多い気がする。僕はそういう知り合いがほとんどいないので、結果的に、ゴルフを趣味にする人が周りにいないのである。

僕は、休みの日になるとゴルフに出かけるという人は、映画とかドラマの世界でしか見たことがないので、実際にそういう人が知り合いなどにいたりすると、

(へぇ、休みの日になるとゴルフに行くようなヤツが、いまだに同世代にいるんだ…)

と驚いたりする。

人はなぜゴルフをするのか、について、かつて上岡龍太郎は、こんなことを言っていた。

「ゴルフとは、貴族のスポーツである。貴族というのは、ありとあらゆることが意のままになる。欲しいものもすぐに手に入る。

ところが、ありとあらゆることが意のままになったり、欲しいものがすぐに手に入ったりするというのは、実は退屈なことである。

そこで貴族は、ゴルフというスポーツを生み出した。

ゴルフというのは、あの小さいボールを打って、最終的に小さな穴に入れるだけのことなのだが、じつはこれだけのことが、自分の意のままにならなかったりする。

あるときは風が吹いてボールが大きくそれたり、池にボールが落ちたり、バンカーからボールが抜け出せなくなったり。

つまりゴルフ場の中では、誰もが、意のままにならないことに対して悔しいという感情をいだくことができる。

ゴルフとは、その感情を味わうためのスポーツなのだ」

…なんだか、わかったようなわかんないような説明だが、僕がゴルフにまったく興味がない理由がわかった。

僕は、人生において、意のままにならないことばかりなのだ。

それをわざわざ、ゴルフという娯楽の中で、あらためて体験したいとは思わない。

逆に言えば、人生に満ち足りた人が、ゴルフに惹かれるということなのだろう。

どうりで、ゴルフをする人と話が合わないわけだ。

|

« キム・ジンギュ最強説 | トップページ | メールの暴力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(本格派シリーズ) 本格的な暑さ対策

自宅にはクーラーがない。

連日の猛暑でへばっていたが、おりしも今日は土用の丑の日だ。

このところの大雨で気温も下がり、正気を取り戻したので、この機会に暑さ対策を考えることにした。

ホームセンターに行くと、「ひえひえくん」という商品を見つけた。

プラスチックの容器に水を入れて凍らせ、逆U字に組み合わせて扇風機の後ろにかけると、3時間は涼しい風が吹くらしい。

これはよい。

早速購入し、冷凍庫で一晩凍らせて、扇風機に取り付けると、扇風機の首が沈み込んで、最下まで下がってしまった。

凍ったひえひえくんが重すぎて、扇風機の首のストッパーが耐えられないようだ。

これでは、扇風機の首が回りもしなければ、吹く風も低すぎて使い物にならない。

しかも、そんなに涼しくない。

むしろ、ひえひえくんを直接自分の体に押しつけて、冷やした方がよっぽど効果的である。

こうなれば、次の手だ。

インターネットを調べると、世間では「ひんやり敷きパッド」というものが売れているらしい。

これは、触ると冷たく感じる布を使った寝具で、各社で販売しているようだ。

早速、店に行ってみると、あろうことか、棚が空っぽになっている。

こちらはまだ梅雨明け前なのに、もう売り切れているとは、よほど世の中で流行っているらしい。

確かに、サンプルの布に触ってみると冷たい。

不思議だ。

店内を隈なく探すと、大きいサイズは2つだけ売れ残っていたので、かろうじて敷きパッドを買うことができた。

他の店もハシゴしてみたが、そこで売っているひんやり敷きパッドは、たくさん在庫が残っていて安売りもしていた。

なんか損した気がするが、それだけ最初の店の商品が優れているのだろうと思い直す。

しかし、購入した敷きパッドを抱きかかえて持ち運んでいると、ひんやりせずに、そこそこ暖かくなる。

敷きパッドと一緒に不安も抱いて家に帰り、さっそく敷きパッドの上に寝てみる。

寝転がってみると、確かに冷たい。

でも、すぐにぬるくなるので、寝返りを打って、冷たい部分へ移動しなくてはいけない。

ゴロンゴロンと寝返りを打っているうちに、勢い余って、敷きパッドの外に出た。

あれ?

敷きパットよりも、畳のほうがもっとひんやりしてるんですけど。


(追伸)
土用の丑の日なので、パンガシウスの蒲焼きを作って食べてみましたが、美味しかったですよ。

投稿: 土用のこぶぎ | 2017年7月25日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キム・ジンギュ最強説 | トップページ | メールの暴力 »