« 霧の町 | トップページ | 進水式は結婚式 »

パク・ヘイルがおじいさんに??!!

まだまだ続く、マニアックな韓国映画特集。

1.「ディープ・ブルー・ナイト」(1985年)

2名優・アンソンギ主演の、全編アメリカロケの映画である。

アン・ソンギ演じる主人公ペク・ホビンは、アメリカ永住権を獲得するために偽装結婚をするが、偽装結婚の相手となった韓国人のジェーン(チャン・ミヒ)に本気で惚れられてしまう。

この映画でアン・ソンギは、めちゃめちゃかっこよく、そして最低の男を演じている。同じ80年代の映画で、アン・ソンギ主演の映画「成功時代」を以前に見たことがあるが、やはり同じような男性を演じていた。80年代は、めちゃめちゃかっこよくて、人間として最低な男が、いい男と思われていたの079eaf1e22472b7c02f1f9b93b38b811_1
だろうか。そして80年代のアン・ソンギは、その象徴だったのだ。

いかにも80年代という時代を象徴する映画である。

2.「ウンギョ 青き蜜」(2012年)

Photo「詩聖」と呼ばれる老詩人と、女子高校生との純愛の物語。

老詩人の弟子の若き作家もまじえ、三者の想いが交錯していく。

老詩人が妙に若いなあ、どこかで見た顔だなあ、と思ったら、なんとパク・ヘイルが特殊メイクで70歳の老人役をやっていたんだね。

パク・ヘイルといったらあーた、「殺人の追憶」(2003年)「グェムル 漢江の怪物」(2006年)「極楽島殺人事件」(2007年)「黒く濁る村」(2010年)などに出演した若手中堅実力派俳優ですぞ。

私はひそかに、韓国映画で金田一耕助ものを撮るとしたら、金田一探偵はパク・ヘイル以外には考えられない、と思っておるのです。

Photo_2その彼が、この「ウンギョ」を撮影したときは、まだ30代だったにもかかわらず、わざわざ特殊メイクをして、老け役を演じさせたのだ。

年相応のおじいちゃんをそのままキャスティングすればすむのに、と思ったが、映画を見ているうちに、

(これは、リアルなおじいちゃんが主役では、リアルすぎてちょっと引くなぁ)

と思い、あえてパク・ヘイルをキャスティングしたことに、納得したのだった。

…さて、今回紹介した2作品を含めて、これまで紹介してきた韓国映画のほとんどが、ハッピーエンドではない。

後味が悪い結末もあったりする。

どうもこれが、古い韓国映画の特徴なのではないか、という気がしてきた。

たまたま私の見た映画が、すべてアンハッピーエンドだっただけかも知れないが。

さすがに、マニアックな韓国映画を見続けて疲れてきたので、ここらでいったんなかじめである。

|

« 霧の町 | トップページ | 進水式は結婚式 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ウンギョと言えばキム・ゴウン

キム・ゴウンといえば、トッケッビ新婦

https://youtu.be/Qq2seu8glRM

https://youtu.be/cFp4FJBnjwo

投稿: モクケッビこぶぎ | 2017年7月14日 (金) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霧の町 | トップページ | 進水式は結婚式 »