« ボウリング・フォー・コロンバイン | トップページ | 東京五輪開催反対に一票 »

史上最強の薄幸ヒロインは誰か?

8月12日(土)

インターネットのニュースを見ていたら、

「かつて人気を博した薄幸系ドラマが減少の一途、“薄幸ヒロイン”も不在」

というタイトルのニュース(ニュースか?)を見つけた。

なんとも偶然なことに、私もこの数日、「薄幸ヒロイン」についてあれやこれや考えていたところだったのだ。

…俺はヒマか?

その記事によれば、かつては人気があった薄幸系ドラマが、最近では人気がなくなり、それにともなって、薄幸ヒロインの需要が減ってきたというのである。

では、薄幸ヒロインとはどういう女優か?

その記事によれば、「赤いシリーズ」の山口百恵とか、「高校教師」の桜井幸子とか、さらには裕木奈江とか奥貫薫とか、果ては「家なき子」の安達祐実とか「1リットルの涙」の沢尻エリカの名前まで出ていた。

そしてぶっちぎりなのは、木村多江であり、今は木村多江の1強支配だと、、そのニュースは伝えていた。

木村多江や奥貫薫はまだわかるとしても、そのほかの女優が「薄幸ヒロイン」とは、とうてい呼べない。

私なりの「薄幸ヒロイン」の定義は、

「どんなドラマに出ていても、いつも薄幸そうである」

というものである。

この記事を書いた人は、全然わかってないなあ。

「薄幸系ドラマ」の主役を演じたからといって、その女優が「薄幸ヒロイン」とは呼べないのである!

この点を強く主張したい!

むしろ、主役ではなく、脇役としていろいろなドラマに出て、その女優が出たら、

「ああ、この女優はまた薄幸な人の役だな…)

と思わせるような女優でなければならないのである!

つまり、その女優が出れば「薄幸ヒロイン」であるという、記号化した存在でなければならないのだ!

その意味で、木村多江は、現代の「薄幸ヒロイン」と呼ぶにふさわしいかも知れない。

しかし、私が考える「史上最強の薄幸ヒロイン」は、別の女優である。

それは…

竹井みどりである!

Images1970年代後半から80年代前半にかけて、竹井みどりがいろいろなドラマ(たとえば刑事ドラマとか)の単発ゲストで出るのをよく見たのだが、いつも薄幸な役柄だった。見ている私も、竹井みどりが出ると、

(ああ、かわいそう…)

と反射的に思ったものである。私にとって竹井みどりは、「薄幸ヒロイン」の記号化した存在だった。

というわけでいまのところ、私の中での「史上最強の薄幸ヒロイン」は、1970年代後半~80年代前半の頃の竹井みどりである!

異論は認める。

|

« ボウリング・フォー・コロンバイン | トップページ | 東京五輪開催反対に一票 »

名優列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボウリング・フォー・コロンバイン | トップページ | 東京五輪開催反対に一票 »