« 彼らが最初攻撃したとき | トップページ | 不規則発言 »

日本昔話・かちかち山

むかしむかしあるところに、畑を耕して生活している老夫婦がいました。

老夫婦の畑には毎日、性悪な緑のタヌキがやってきて、不作を望むような囃子歌を歌う上に、せっかくまいた種や芋をほじくり返して食べてしまうので、業を煮やしたおじいさんは、やっとのことで緑のタヌキを捕まえました。

おじいさんは、おばあさんに狸汁にするように言って畑仕事に向かいます。緑のタヌキは「もう悪さはしません。家の仕事のお手伝いをします」と言っておばあさんを騙し、縄を解かせて自由になると、そのままおばあさんを杵で撲殺し、その上でおばあさんの肉を鍋に入れて煮込み、「婆汁」(ばばぁ汁)を作ります。そして緑のタヌキはおばあさんに化けると、帰ってきたおじいさんにタヌキ汁と称して婆汁を食べさせ、それを見届けると嘲り笑って山に帰りました。おじいさんは追いかけましたが緑のタヌキにまんまと逃げられてしまったのです。

おじいさんは近くの山に住む仲良しのウサギに相談することにしました。「仇をとりたいが、自分には、かないそうもない」と。事の顛末を聞いたウサギは緑のタヌキの成敗に出かけました。

ウサギは、お金儲けを口実に緑のタヌキを柴刈りに誘います。欲深い緑のタヌキは、たくさんの柴を背負いました。その帰り道、ウサギは緑のタヌキの後ろを歩き、緑のタヌキの背負った柴に火打ち石で火を付けます。火打ち道具の打ち合わさる「かちかち」という音を不思議に思った緑のタヌキがウサギに尋ねると、ウサギは「ここはかちかち山だから、かちかち鳥が鳴いている」と答え、緑のタヌキは背中にやけどを負うこととなりました。

後日、ウサギは緑のタヌキに良く効く薬だと称してトウガラシ入りの味噌を渡しました。これを塗った緑のタヌキはさらなる痛みに散々苦しむこととなりました。

緑のタヌキのやけどが治ると、最後にウサギは緑のタヌキの食い意地を利用して漁に誘い出しました。ウサギは木の船と一回り大きな泥の船を用意しました。思っていた通り欲張りな緑のタヌキが「たくさん魚が乗せられる」と泥の船を選ぶと、ウサギは木の船に乗りました。沖へ出てしばらく立つと、泥の船は溶けて沈んでしまいました。こうしてウサギは見事おばあさんの仇を討ったのでした。おしまい。

|

« 彼らが最初攻撃したとき | トップページ | 不規則発言 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彼らが最初攻撃したとき | トップページ | 不規則発言 »