« 記者発表の日 | トップページ | 父をおくる(抄) »

原稿ため込み党の気がかり

10月末締切の原稿が、全然できていない。

なにしろ、気が遠くなるくらい、量が膨大なのである。

それに加えて、かなり神経を使う執筆内容。

7月からの体調不良のせいで、夏休みには、まったく作業を進めることができなかった。

10月末に至っても、まったく原稿に取りかかる集中力がない。いろいろな気がかりがあって、取りかかる気になれないのである。

これが自分だけの原稿であれば、全部自分が泥をかぶればいいのだが、何人かの方との共同執筆である。

しかも、その中で僕がいちばん若いのだ。

これはかなりマズい。

さらに悪いことに、刊行計画がもう決まっていて、そこから逆算した結果が、10月末の締切というわけである。

これは、体調がマシなときに、一気に進めるしかない。

ということで、この数日に4万字くらい書いたのだが、それでも私の割り当ての、まだ半分程度である。

とりあえずできた分を、先方に送った。

「残りは引き続き取りかかりますので」

と書いた。

まるで借金の返済のようだ。書いていない原稿のことをさして「負債を抱える」とは、よく言ったもんだ。

いまの私の気持ちは、『〆切本』『〆切本2』(左右社)を読めば手に取るようにわかるので、ぜひ一読をお勧めする。

|

« 記者発表の日 | トップページ | 父をおくる(抄) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記者発表の日 | トップページ | 父をおくる(抄) »