« 戦友の名刺を持ち帰る話 | トップページ | 嬉野先生 »

1255円也

12月2日(土)

この土日は、本来であれば毎年恒例の「1年で最も気が重い同業者祭り」である。

しかし今年は、いろいろあって欠席することにした。

欠席するとなると、ずいぶんと心が軽くなる。出席しなければならないという重責から、解放されたことによるのだろう。

前回書いた、「戦友の名刺を持って帰る兵隊さんの話」そのものである。

このところ、週末は実家に帰ることにしている。

今日は、実家に置いてある本を整理して、いらない本を古書のチェーン店に買い取ってもらうことにした。

しかし量が膨大すぎて、要る本と要らない本の仕分けが面倒である。

さしあたり、今回はタレント本を中心に、処分することにした。

『ヨンエの誓い』とか、『たけしメモ』とか、『悲しいとき』とか、『最驚!ガッツ伝説』とか、いろいろと面白い本が出てきたのだが、オアシズの『不細工な友情』という本まで出てきた。

とくにオアシズのファンというわけでもないのだが、買った当初はかなり面白く読んだ記憶がある。

しかしもう読みかえすことはないだろうということで、売ることにした。

所ジョージの本も数冊出てきた。とくに所さんのファンというわけでもないのだが、若い頃に買い集めたのだろう。どれもまったく内容のない本だったので、これも売ることにした。

ほかにもいくつか、ばっさりと処分した有名人の本がある。

有名人の書いたエッセイとか対談集って、その有名人のことを好きなときは、必死になって買い集めるけれど、いったん決別すると、まったく関心がなくなり、読む気も起こらなくなるから不思議である。

いかりや長介の『ダメだこりゃ!』とか、伊東四朗の『この顔で悪いか』は、もちろん残すことにした。

そんなこんなで、80冊ほどになり、大きな段ボール箱で3箱分になった。

これを、古書のチェーン店まで車で運び、買い取ってもらうことにした。

「1255円です」

「せ、せ、1255円???!!!」

あんなに必死になって買い集めた本が、たったの1255円である。

首都高速の片道分にもならないではないか!

|

« 戦友の名刺を持ち帰る話 | トップページ | 嬉野先生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦友の名刺を持ち帰る話 | トップページ | 嬉野先生 »