« 引きの強い一家 | トップページ | フィルムを縦に切れ! »

粉ミルク講習会

3月31日(土)

今日は退院の日である。

午前中に、病院の中で「粉ミルク講習会」があるというので、参加することにした。

なんでも、粉ミルクの業者が、宣伝をかねて講習会をしてくれるらしい。

粉ミルクなんぞ作ったことのない僕にとっては、ありがたい機会である。

午前11時。講習会の場所に行ってびっくりした。

男は僕一人。あとは全員、出産直後の女性ばかりである。

「あのう…私も参加してよろしいのでしょうか」

業者から派遣された講師に聞いた。

「ええ、どうぞ」

どうやら対象は、入院中の女性ということで、男性が参加することはあまり想定していないらしい。

私は遠慮して後ろのほうに座ったのだが、パジャマ姿の女性たちの集まりに、アラフィフのオッサンが一人紛れ込んでいるという絵面(えづら)になっている。

しかし、おかしな話である。

粉ミルクの作り方を知っておかなければならないのは、むしろ男性のほうなのではないか?

こちとら、母乳を出したくても出せないのだ。

粉ミルクを作るよりほか、お乳を飲ませる手段がないのだ。

女性よりも、むしろ男性が知っておくべき知識なのではないだろうか。

…と、そう思って参加してみたのだが、どうも主催者の意図はそうではないらしい。

主催者の意図ばかりではない。今日は土曜日だぜ。仕事が休みの男性も多いはずである。

参加しようと思う夫がまったくいないというのは、いったいどういうわけだ?

いったいこの時間、夫は何をしているのか?

それとも男性陣たちは、みな粉ミルクの作り方を知っていて、知らないのは俺だけということなのか?

疑問だらけである。

さて、肝心の粉ミルク講習会のほうは、粉ミルクの業者から派遣された講師が、さながらテレビショッピングの司会者のごとく、よそ行きのかん高い声で実演販売のようなことをして終わった。

営業臭の強い講習会だったが、まったく知らなかった僕にとってはためになった。

|

« 引きの強い一家 | トップページ | フィルムを縦に切れ! »

育児」カテゴリの記事

コメント

粉ミルクの販売戦略とWHOコード

http://www.web-reborn.com/humanbirthpark/breastfeeding/who-code.htm

投稿: イクメンこぶぎ | 2018年4月18日 (水) 14時34分

今後はこぶぎさんがおすすめする情報のみを指針に、育児に励むことにします!

投稿: onigawaragonzou | 2018年4月20日 (金) 02時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引きの強い一家 | トップページ | フィルムを縦に切れ! »