« イクメンと呼ばないで! | トップページ | 風花(かざはな) »

半島のメロディー

4月27日(金)

(オープニング、「赤とんぼ」のメロディー)

歌に思い出が寄りそい、思い出に歌は語りかけ、そのようにして歳月は静かに流れてゆきます。みなさまこんばんは。お心豊かにご無事な毎日でしょうか。

この時間は、2曲放送いたします

1曲目は、キム・グァンソク「二等兵の手紙」です。

チプ トナワ  ヨルチァタゴ フンリョンソロ  カヌン ナル
집 떠나와 열차타고 훈련소로 가는 날
家を発って 列車に乗り 訓練所に行く日

プモニムケ クンヂョルハゴ テムンバックル ナソル テ
부모님께 큰절하고 대문밖을  나설 때
両親に あいさつをして 門の外へ出る時

カスム ソゲ ムオシンガ  アスィウミ  ナムヂマン 
가슴 속에 무엇인가 아쉬움이 남지만
胸の 中に 何か  名残惜しさが 残るけど

プ ランポギ チングオルグル  モドゥン ゴシ  セロプタ 
풀 한포기 친구얼굴  모든 것이 새롭다
 草1本  友達の顔  すべての事が新しい

イヂェ タシ シヂァギダ チョルムン ナレ センギヨ
이제 다시 시작이다 젊은  날의 생이여
今 また 始まりだ 若き 日の 生命よ

チングドゥラ グンデガミョン ピョンヂ コク ヘダオ
친구들아 군대가면  편지  꼭 해다오
友よ  軍隊に行ったら 手紙を きっと 書いてくれ
 
クデドゥルグァ チュルゴウォットン ナルドゥルル イッチアンケ
그대들과 즐거웠던 날들을  잊지않게
君たちとの 楽しかった 日々を 忘れないように

ヨルチァシガン タガオル  テ トゥソン チァプトン トゥゴウム
열차시간 다가올 때 두손 잡던  뜨거움
列車の時間が迫った時 握った手の あたたかさ

キヂョクソリ  モロヂミョン チァガヂヌン モスブドゥル
기적소리 멀어지면 작아지는 모습들
汽笛が 遠くなれば 小さくなる姿達

イヂェ タシ  シヂァギダ チョルムン  ナレ  クミヨ
이제 다시 시작이다 젊은  날의 꿈이여
今 また 新しい始まりだ 若き日の夢よ

チャルケ チァルリン ネ モリガ  チョウメヌン   ウスプタガ
짧게 잘린 내 머리가 처음에는 우습다가
短く切られた私の頭 最初は 笑ったけど

コウル ソゲ ビチン ネ  モスビ  クドヂンダ マウムカヂ
거울 속에 비친 내 모습이 굳어진다 마음까지
鏡の中に映った私の姿が固くなる 心まで

トィドンサネ  オルラソミョン ウリ  マウル  ポイルロンヂ
뒷동산에 올라서면 우리 마을 보일런지
裏山に登れば 私達の村が見えるのだろうか

ナパルソリ  コヨハゲ   パマヌレ  ポヂミョン
나팔소리 고요하게 밤하늘에 퍼지면
ラッパの音が 静かに 夜空に広がれば

イドゥンビョンゲ ピョンヂルル コイ チョボ ポネオ
이등병에   편지를 고이 접어 보내오
二等兵の 手紙を きれいに たたんで 送ります 

イヂェ ダシ  シジャギギダ チョルムン ナレ  クミヨ
이제 다시 시작이다  젊은 날의 꿈이여
今 また 新しい始まりだ 若き日の夢よ

2曲目は、フォーク・クルセダーズ「イムジン河」です。

イムジン河 水清く とうとうと流る
水鳥 自由にむらがり 飛び交うよ
我が祖国 南の地 想いははるか
イムジン河 水清く とうとうと流る

北の大地から 南の空へ
飛び行く鳥よ 自由の使者よ
誰が祖国を 二つに分けてしまったの
誰が祖国を 分けてしまったの

イムジン河 空遠く 虹よかかっておくれ
河よ 想いを伝えておくれ
ふるさとを いつまでも忘れはしない
イムジン河 水清く とうとうと流る

(エンディング、「赤とんぼ」のメロディー)

「臨津江(イムジン)の青き月夜を漕ぎ出でぬ 志田千惠」

臨津江(イムジン河)は、南北朝鮮の国境を流れる川です。もう10年以上も前になりますが、私は韓国と北朝鮮の国境近くにあるオドゥサン統一展望台というところを訪れたことがあります。ハンガン(漢江)とイムジン河の合流地点につくられたこの展望台からは、北朝鮮の農村地帯をはるかにのぞむことができました。

いつの日か、この展望台が必要なくなる日が来るのでしょうか。

「臨津江(イムジン)の青き月夜を漕ぎ出でぬ」

おやすみなさい。

|

« イクメンと呼ばないで! | トップページ | 風花(かざはな) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「生中継 ずっと見続けてたからか 4月27日は冷麺記念日 こぶぎ」

現地の方も同じだったようで。
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/27/pyongyang-naengmyeon_a_23421615/

では3曲目は、チョー急に辞めたチョン・スヨンの「冷麺」です。

https://youtu.be/0zGDQ9r36p4

今から四半世紀前にもなりますが、私も板門店を訪れたことがあります。「命の保証はしません」的な書類にサインさせられた割には、青い小屋から一歩も外に出られなかった訳で、時の流れを感じます。

「ミュージックバンク 実は休止じゃなかったから 4月27日はラブリーズの地上波カムバック記念日 こぶぎ」

新曲「あの日の君」、応援しています。

おやすみなさい。

投稿: 記念日こぶぎ | 2018年4月28日 (土) 11時24分

むかし小泉今日子が「オールナイトニッポン」で「いま、『ライ麦畑でつかまえて』を読んでいるの」と言ったら、翌日、全国の本屋で『ライ麦畑でつかまえて』の在庫がなくなった、みたいな。

投稿: onigawaragonzou | 2018年4月29日 (日) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イクメンと呼ばないで! | トップページ | 風花(かざはな) »