« 男人禁制? | トップページ | 距離が縮まる »

とんだお宮参り

5月16日(水)

お宮参りというものに行くことになった。

今日は暑くなるというので、朝9時に神社に着くように出発した。

神社に向かう途中、車の中で、

ブリブリブリブリブリッ!!!

という音がして、車内が乳酸菌みたいなニオイに包まれた。

神社の駐車場に着いて、さっそくおむつを確かめると、大惨事になっていた。

あまりにも大量すぎて、どうもおむつだけでは受けとめられなかったらしい。

おめかしした衣服にはもちろん、チャイルドシートにも染みこんでしまった。

この日のためにチョイスした服を脱がせて、別の服に着替えさせる。

出すものを出したあとは、お腹がすくらしい。

お宮参りの控え室で泣き始めたので、授乳をすることになった。

「あと2分で、本日1回目のお祓いがありますけれど、どうされますか?」と巫女さん。

「すみません。次の回でお願いします」

授乳をしているうちに、お宮参りをするグループが次々と受付にやってきた。

私らを含めて、4組が同じ回のお祓いに参加することになった。

時間ぎりぎりまで授乳をして、いよいよお祓いである。拝殿に昇って、宮司さんによる祝詞が始まった。

ほかの3組の赤ちゃんは、実に静かであるのに、うちの娘だけが、火がついたように泣き出した。

泣き声が拝殿に響き渡る。宮司さんの祝詞がかき消されるほどの大声である。

抱きかかえている私は、居たたまれなくなり、「俺の所為じゃねえ」とばかりに、隣に座っていた妻に娘を預けた。

だがやはり泣き止まない。

他の3組の人たちが迷惑しているだろうなあと思うと、そればかりが気になり、宮司さんのありがたい祝詞がまったく入ってこない。

結局、なんだかよくわからないまま、お祓いが終了した。

終わってハタと気づいた。

授乳の直後は、決まってオシッコをするのだ。それでおむつが濡れて泣いたのだろう。

拝殿を降りて控え室に戻ってから、おむつを見てみると、はたしておむつが濡れていた。

おむつを取り替えると、とたんに晴れやかな顔になった。

なんともちぐはぐな感じで、お宮参りが終わった。

…もう一度、最初からやり直せないもんかねえ。

|

« 男人禁制? | トップページ | 距離が縮まる »

育児」カテゴリの記事

コメント

イク休とは、親とうんちとの間の尽きることを知らない対話なのである。

うんちはとっても水が好き
https://youtu.be/MGxO8Ta-z4c

投稿: E.H.こぶぎー | 2018年5月18日 (金) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男人禁制? | トップページ | 距離が縮まる »