« 映画的体験・おまけ | トップページ | とんだお宮参り »

男人禁制?

5月15日(火)

私が住んでいる町には「すくすく広場」なる施設がある。小さい子どもを持つ親のコミュニケーションの場のようである。

そこで、月に1度、ベビーマッサージというイベントがある。生後1歳未満の子どもを対象に、親と一緒に「ベビーマッサージ」なるものを楽しむ、という行事らしい。

「ベビーマッサージ」というのがどういうものかわからないが、ひとまず参加を申し込んだ。

すると、「ベビーマッサージの場に立ち会えるのはお母さんだけで、お父さんは立ち会えません」という。ま、授乳の関係があるからだろう。

しかし、「すくすく広場」なる施設がどんな施設なのか見てみたいし、なにより母親一人で子どもを連れていくというのも大変なので、私もついていくことにした。

「すくすく広場」に到着すると、助産師さんがいて、満面の笑顔で迎えてくれた。

申込用紙に記入したり、施設の説明をしているうちに、娘が泣き出した。

どうやらおむつを替えてくれと泣いているようだったので、あわてておむつを取り替えた。

そうこうしているうちに、ベビーマッサージに参加する人たちがぞくぞくと「すくすく広場」に集まってきた。

私は驚いた。

みんな、お母さんが単独で子どもを連れてきている。

父親が一人もいないのだ。

いや、待てよ、と周りを見渡した。

ベビーマッサージに参加している人たちだけでない。この「すくすく広場」には、母親しかいないのだ。

つまり男性は私だけということである。

ここは男人禁制か???

聞いてみると、ベビーマッサージをする部屋だけは、父親は入れないのだそうである。そのほかのスペースは、とくに問題ないという。

しかし、問題ないといっても、実に居心地が悪い。父親が入りがたい雰囲気がある。

もっとも、平日の昼間なので、大半の父親は仕事に行っていて不在なのだろう。

しかし待てよ。ということは、私みたいに育休をとっている父親は、ほとんどいない、ということなのだろうか???

男性が育児に参加する機会が少ないから、「すくすく広場」が母親ばかりになり、「すくすく広場」が母親ばかりだから、父親が参加しづらくなる(母親まかせになる)、という悪循環。

もう少し、父親も自然に参加できる環境になればいいのになあ。

|

« 映画的体験・おまけ | トップページ | とんだお宮参り »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画的体験・おまけ | トップページ | とんだお宮参り »