« お疲れのようですね | トップページ | 修学旅行のしおり »

アラタ君のお父さん

6月9日(土)

午前中、児童館で「お父さんも一緒わくわくランド」という時間があるというので、参加することにした。

行ってみると、体育館に、トランポリンだの、すべり台だのが設置されていて、さながらちょっとした遊園地である。

(やっぱり、まだ2カ月の娘にはまだ早かったかな…)

15組くらいの親子が来ていて、さすがに土曜日だけあって、お父さんの顔も、ちらほら見える。

とくに遊具など仕えるものがなかったので、体育館の端っこに敷いてあったマットに娘を寝かせていたら、同じくらいの年齢の子どもを抱えたお父さんが、近づいてきた。

「何カ月ですか?」

「2カ月とちょっとです」

「じゃあうちとほとんど同じですね。うちは3カ月ちょっとです。…こういう場所に参加すると、いつもうちが最年少だったんですが、負けましたなあ」

「やはりそうですか。私のところも、こういうイベントに参加すると、いつも最年少で、どうしたらいいかわからなくなるのです」

同志を得た、という感じである。

「今日はお休みですね」と聞かれたので、

「実は3カ月ほど育児休暇をもらっていて、いま育休中なのです」

と答えると、

「そうでしたか。実は私も育休中なのです」

という。

「どのくらいですか?」

「私の場合は5カ月です。7月いっぱいまでです」

「そうですか」

「いやあ、私と同じように長期間育休をとっているお父さんに、初めてお会いしました」

「私も、いままでそういう方にお会いしていませんでした。なかなか、いないものですなあ」

「そうですなあ」

「お名前はなんというんですか?」

「アラタです。新しいの、アラタ」

「いいお名前ですなあ」

聞いてみると、一人目のお子さんのときは1カ月の育休をとっていたというから、育休の先輩である。

私はいろいろと聞いてみた。

「あのう、母乳が出ればいいなと思ったことありませんか」

「それは思いますねえ。いちど、自分の乳首を吸わせてみたことがあります」

「そうでしたか。お気持ちはよくわかります」

「こっちは母乳が出ない分、技術でカバーしないとね。私は「子どもが眠りにつく音楽」というのをすぐに見つけることができました」

「なるほど、母乳が出なくても音楽でカバーしたわけですね。私もそういう音楽を探しているのですが、私が聴かせる音楽は、どれも泣いてしまうのです」

「やはり好みがあるようですよ。それをいちはやく見つければこっちのもんです」

「なるほど」

「こっちは資源がない分、『ものづくり』で勝負しないとね」

「まるでどこかの国のようですね」

アラタ君のお父さんは、抱っこひもをスムーズに装着し、アラタ君を抱っこして児童館をあとにした。

ちなみに私はいまだに、抱っこひもを一人で装着できない。

|

« お疲れのようですね | トップページ | 修学旅行のしおり »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お疲れのようですね | トップページ | 修学旅行のしおり »