« エキストラ | トップページ | 借りてきた猫 »

再会講演会

7月7日(土)

2月以来、5カ月ぶりに新幹線に乗って、北に向かう。

講演会場に着くと、懐かしい人に再会した。

「ご無沙汰しています」Oさんである。

今から20年ほど前、僕がまだ駆け出しの頃、Oさんから調査の依頼を受けて、Oさんの職場を訪れた。

Oさんは私よりずっと年上の方で、見た目も、厳格そうな方だった。

それまでは、師匠にくっついて調査に行くことがもっぱらだったので、僕一人で調査に呼んでいただく、なんてことは、ほとんど初めてのことだった。そんなこともあり、僕はひどく緊張した。Oさんはベテランだし、僕は駆け出しなので、試されてるのかなあ、と思ったりもしたのである。シニカルな語り口が特徴的な方だった。

それでも、調査の成果はなんとか形になり、ひとまず責任を果たすことができた。

その後、Oさんにお会いする機会があまりなくなってしまったのだが、数年経って、Oさんが職場をお辞めになったとうかがった。

もう一緒に仕事をする機会はないのが残念だった。この業界からも離れてしまったのだろうか、と思っていたが、4年前、ある会合でNさんという方に久しぶりにお会いしたとき

「この前、Oさんに会って、あなたのことが話題に出ましたよ。ひょっとしたら、今日、あなたに会えると思ってね。Oさんがあなたによろしくと言ってましたよ」

と言われ、とてもびっくりした。Oさんは僕のことを覚えていてくださったのだ。と同時に、15年ぶりにお会いしたNさんも、僕のことを覚えてくださっていたことに驚いたのである。

そして今日、講演会場でOさんに再会したのである。

久しぶりにお会いしたOさんは、さすがにお年を召した印象だったが、それでもかつての印象と変わらなかった。

「今日はあなたに一目会いたいと思ってね、やってきました」

「お会いできてうれしいです」わざわざ僕に会いに来てくれたことに、僕は感激した。

「職場、変わったんだね」

「ええ」

「フフフッ、前の職場を見捨てた?」

「いえ、後ろ髪を引かれる思いでしたよ」

「なるほど、フフフッ」

Oさんのシニカルな語り口は健在で、僕はなぜか安心した。

20年前は駆け出しだった僕が、いま、エラそーに講演だなどといって、多くの先輩方の前でお話しをすることを思うと、いささか緊張した。

2時間近くの講演を終え、演壇を降りると、Oさんが、

「今日は会えてよかった」

といって帰って行かれた。

今回の講演では、ほかにも、かつて調査依頼をいただいたY村のKさんなど、懐かしい方々にたくさん再会した。

懇親会の席で僕は、

「今日は懐かしい方々にたくさん再会できて、とてもうれしい一日でした。また、仕事を通じてお会いできる日を楽しみにしています」

と挨拶した。

|

« エキストラ | トップページ | 借りてきた猫 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エキストラ | トップページ | 借りてきた猫 »