« 本当の舞台裏 | トップページ | 講演会延期 »

ちびまるこちゃん

アニメ「ちびまる子ちゃん」の初回放送が、1990年1月7日。

ということは、大学2年の1月のことである。

3年生になり、専門課程に進むと、同じ研究室の同期にY君という人がいた。

髪型がジョン・レノンみたいで、ジョン・レノンみたいな眼鏡をかけていた。つまり見た目はジョン・レノンみたいな人だった。

研究室の同期の中では、ずば抜けて優秀なやつだった。

そのY君が、大学3年生の時だったと思うが、「ちびまる子ちゃん」にハマったのである。

もう一人、「ちびまる子ちゃん」にハマった同期のU君を誘って、夏休みに、静岡県清水市(当時)にあるさくらももこさんの実家まで、訪ねていったそうである。

夏休みが終わったあと、二人は私に、嬉々としてその話をしてくれた。

実家を訪れた二人は、

「ここが実家かあ」

と確認しただけで、満足して帰ってきたのだという。

ずいぶん変わった人だなあ、とそのとき思った。

そのY君はいま、母校の大学で教員をしている。

もう15年くらい彼とは会っていないが、あのときのこと、彼は覚えているかなあ。

|

« 本当の舞台裏 | トップページ | 講演会延期 »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本当の舞台裏 | トップページ | 講演会延期 »