« メガネが壊れる | トップページ | 9月になっちゃった »

メガネを買いに行く

9月2日(日)

メガネが壊れたので、メガネを買いに行くことにした。

いま私がかけている眼鏡は、左側の柄の部分がぼっきり折れていて、セロテープで留めている状態である。

いつ、このセロテープがはがれて柄がとれてしまうとも限らない。

一刻も早く、新しいメガネを手に入れなければならない。

しかし、調べてみると、メガネ屋さんは近くにあるわけではなく、車やバスを使わなければ行けないようである。

候補は2箇所。

ひとつは、私鉄のS駅にある2軒のメガネ屋さんである。ひとつは、Mというお店で、もうひとつは、Jというお店。S駅付近は、最近とみにオサレになった場所である。

Jというお店は、安いのだが、フレームがちょっと脆弱なので、壊れやすいのではないかとのアドバイス。行くなら、Mというお店の方がいいだろうと。

もう一つは、JRと私鉄が集まるK駅にあるMというメガネ屋さん。S駅にあるお店と同じチェーン店である。K駅のあたりは、むかしからオサレな町である。

さて、どっちにするか。

迷ったあげく、S駅の方面に行くことにした。

休日のせいか、道路が渋滞して、やっとのことでS駅周辺に着いた。

目的のMというメガネ屋さんに行くと、なななななんと!!!お店が閉まっているではないか!!!

「ただいま改装中。9月14日(金)に新装オープン!」

なんだよー。というか、あらかじめ調べておくべきだった。

さて、どうしよう。

選択肢は3つである。

1.9月14日(金)以降に、あらためてメガネを買いに来る。

2.同じS駅近くのJというメガネ屋さんで買うことにする。

3.いまからK駅に移動して、Mという同じチェーン店に買いに行く。

さあ、どうする???

1は、ありえない。メガネの柄はかろうじてセロハンテープでつながっており、今にもとれそうなのだ!

では、2がいいかというと、やはり躊躇される。メガネはそう頻繁に変えるものではないから、やはりフレームは丈夫な方がいい。

…ということで、3の選択肢を選ぶことにした。

S駅からバスに乗り、K駅に向かう。

K駅は、この界隈ではオサレな町で有名であり、たくさんの人びとでごった返している。

駅の近くに、Mというメガネ屋さんがあった。

「あのう…メガネを作りたいのですが…」

「では、目の検査から始めましょう。こちらへどうぞ」

メガネ屋さんの目の検査ってのは、日々進歩しているのかね。前にメガネを作ったときにおこなった検査とくらべると、ずいぶんと検査プログラムが豊富である。

一通り検査が終わって、店員さんが言った。

「あのう、…あちらの方はどうです?」

「……?」

「近くのものが見えにくいとか…」

ああ、老眼のことね。もうバリバリ老眼ですが、なにか?

「それもあります。ですので、遠近両用ってのを考えているんですが」

「そうですか。ではそちらの方も検査してみましょう」

ということで、いよいよ、遠近両用メガネに挑戦することになった!

「最初は慣れないかと思いますが、だんだん慣れていきますから」

「そうですか」

「とくに階段の上り下りは気をつけてください」

「わかりました」

次に、フレーム選びである。

遠近両用メガネということになると、レンズの縦の長さが3センチ以上あった方がいいと言われたので、その条件に合ったフレームで、かつ自分の気に入ったものを選んだ。

さあ、レンズもフレームも選んだぞ!

「で、いつ頃受け取れるんでしょうか」

「1週間後です」

ええええぇぇぇぇぇっ!!!1週間後ぉぉー???

それまでセロテープがもつだろうか???

|

« メガネが壊れる | トップページ | 9月になっちゃった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メガネが壊れる | トップページ | 9月になっちゃった »