« 読者対面 | トップページ | 先週末にインフルエンザの予防接種をしたのに… »

再会の町

11月9日(金)

「前の前の勤務地」の隣町に行く。今年の2月以来である。

目的は、この町にある文化施設の企画展を見に行くことである。僕もほんの少しだけ、お手伝いした。

Photoその文化施設は、町のはずれの、とても雰囲気のいい場所にあるのだが、惜しいことにそこにたどり着くための公共交通機関がない。仕方がないのでレンタカーを借りて行くことにした。

事務室を訪れ、S館長に久しぶりにお会いした。僕がこの地にいたころ、いろいろとお世話になった方である。

企画展をじっくりと見せていただく。平日の昼間ということもあって、見学者は僕だけである。

S館長は、この町につとめる「悪友のKさん」に連絡を取ってくださり、ほどなくして悪友のKさんが到着した。

「どうも、ごくろうさまです」

「ご無沙汰しています」

展示を一通り見終わったあと、再び事務室に戻って、S館長や悪友のKさんとしばらくお話しした。

職員が2~3名というこぢんまりした事務室の中に、Sさんがいた。

「鬼瓦さん、お久しぶりです」

僕は「前の勤務地」にいた14年間、単身赴任だったのだが、1年だけ、妻がこちらに来て一緒に住んでいた。いまから15年くらい前のことである。

当然、妻はこちらに来ても知り合いがいるわけではなかったのだが、こちらにいた1年弱の間、あるところでアルバイトをしていた。そのアルバイト先にいたのが、Sさんだったのである。

「こちらにいらっしゃったんですか」

「ええ、今月からここで働いています」

これもまた、偶然である。先月にここに訪れていたら、会えなかったのである。

「○○さんはお元気ですか?」

○○さん、とは僕の妻のことである。

「ええ、元気です」

「鬼瓦さんがいらっしゃるというんで、○○さんにちょっとしたメッセージを書いたんです」

そう言って、Sさんは小さな封筒を私にくれた。

「これを、渡していただけますか?}

「もちろんです。妻も喜ぶと思います」

「15年前、同じところでアルバイトしていたころ、まわりがみんな、年齢が上の方ばかりで、○○さんだけが同世代だったので、とても心強かったんです」

「そうですか」

わずか1年にも満たない期間だったと思うが、Sさんにとってはいまも印象に残っているようだった。

「○○さんがこの地にいらっしゃる機会は、あまりないのでしょうね」

「そうですね。僕が出張に来たりすることは多いんですが」

「またお目にかかりたいです。ぜひご家族でいらしてください」

「そうですね。一度家族で来たいですね」

僕は、Sさんの旦那さんと一緒に仕事をしたこともある。縁とは、まことに不思議なものである。

事務室でひとしきりお話しをしていると、とっくにお昼を過ぎてしまっていた。

「そばでも食べに行きましょう」と悪友のKさん。

S館長やSさんとお別れして、Kさんの案内で町のお蕎麦屋さんに行った。

「このお店は初めてですか?」

「ええ」

「この店の女将さんは、前の東京オリンピックのときに陸上選手として出場したんですよ」

この小さな町から、オリンピック選手が出たのか。当時としては、たいへんなことだったろう。

蕎麦を食べながら、悪友のKさんとあれこれお話しした。

「またお目にかかります」

「また来てください」

僕はKさんと別れ、この町をあとにした。

|

« 読者対面 | トップページ | 先週末にインフルエンザの予防接種をしたのに… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読者対面 | トップページ | 先週末にインフルエンザの予防接種をしたのに… »