« 先週末にインフルエンザの予防接種をしたのに… | トップページ | コインロッカーが封鎖された日・2回目 »

調整要員

来週、韓国のある団体のお客様が大挙して職場に来られるという。

そのときの昼食会に参加してもらいたいと上司に言われ、その日は出勤しておりますんでようござんすよと、返答申し上げた。

うちの職場にとっては、かなり重要なお客様らしい。で、僕は少しばかり韓国語がわかるので、同席させようということになったんだろう。

ところが今日、上司の秘書さんが僕のところに来て、

「あのう、来週の昼食会の件なんですが」

「ええ」

「あちらからは、8人がいらっしゃるとのことで」

「はい」

「こちらも同数にしなければならないということになりまして…」

もちろん、それは外交の鉄則である。

「もしかしたら、鬼瓦先生にはご遠慮いただくことになるかも知れません」

「ようござんすよ」

つまり、こういうことである。

昼食会には当然、うちの職場からもしかるべきメンバーが参加しなければならない。

もしその日、しかるべきメンバーが全員揃えば、僕が昼食会に参加する必要はない。

もし、しかるべきメンバーの中で、参加できない人が出た場合、数合わせに僕が昼食会に参加する。

…と、そういうことなのである。

それはそれで、全然かまわないのだが、何度となく、こんな経験をしてるよなあと、この話を聞いて思い出した。

「前の職場」にいたころのことである。

出張講義、というものがあった。高校に出向いていって、職場の宣伝がてら、高校生に講義をするというイベントである。

出張講義は、職場の宣伝にもなり、お客さんを獲得するチャンスなので、できるだけ、高校側の意向に沿った内容の講義をすることになる。

高校側に「この先生に来てもらいたい!」という希望まで聞くこともある。

で、うちの部局で圧倒的に人気のあったのが、世界的にも有名なS先生であった。

S先生の研究は、世界的にも注目を浴び、その成果は何度もニュースに取り上げられた。

なにより、とてもロマンのある研究だった。

当然、出張講義のリクエストも、「S先生に来てほしい」という高校が多かった。

S先生はまじめだから、できるだけその希望に応えて出張講義に出向いておられたが、なにしろ忙しい先生なので、全部のリクエストに応えることはできない。

そんなとき、代打として、よく僕がかり出されたのである。

S先生を期待していた高校に僕が出向くのだから、当然、高校生の反応は、みな落胆した表情になった。

そのことを思い出したのである。

そんなふうに、僕は調整要員として使われることが多い。

そういえば、こんなこともあった。

昨年2月のことである

韓国留学時代にお世話になった先生に呼ばれて、その先生の主催する韓国の国際学術会議で発表することになった。

ところが、その国際学術会議のテーマは「中国」。僕の専門とするところとは、まったく関係がない。

発表者も、僕以外は中国人と、(中国を専門とする)韓国人である。日本人は僕1人だけ。

ではどうして僕が、まったく畑違いの国際学術会議に呼ばれたかといえば、韓国の学界では、3カ国以上の発表者が集まらなければ、「国際学術会議」とは名乗れないからである。

中国人と韓国人だけで構成してしまっては「国際」という冠をつけられない。それでどうしても、アリバイとして1人でもいいから日本人が必要となる。

ただ、たった1人のために、日本語の通訳を雇うのはもったいない。

ということで、韓国語でコミュニケーションがとれる僕が選ばれたというわけである。そうすれば、韓⇄中だけの通訳で済む。要は、「国際学術会議」と名乗るための数合わせとして、僕が呼ばれたのだ。

おかげでたいへんな目にあったことは、すでに書いた

今週末に職場で行われるイベントも、同じである。

メインは中国や韓国から来た方のお話しであって、僕は完全な時間調整要員である。

メインの方々の発表時間が予定の時間よりも大幅にオーバーしてもいいように、僕の発表の時に、時間調整することが期待されているのだ。

このように僕はむかしから、「調整要員」「数合わせ要員」「代打要員」としての役割を期待されてきた。

調整要員として生きるのもまた、技術がいることである。

そういう生き方も悪くないと、最近は思うようになってきた。

そういう生き方が、いちばん性に合っているのかも知れない。

|

« 先週末にインフルエンザの予防接種をしたのに… | トップページ | コインロッカーが封鎖された日・2回目 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週末にインフルエンザの予防接種をしたのに… | トップページ | コインロッカーが封鎖された日・2回目 »