« 再び北へ | トップページ | 今度は西へ »

連想ゲーム通訳

1月25日(金)

この2日間は通訳に徹したのだが、韓国語の力がかなり落ちたようで、なかなか言葉が出てこない。

現場の担当者の方は、実にわかりやすく説明してくれるのだが、それでも専門用語が多いこともあり、畑違いの僕には、かなり難儀した。

だが今回ショックだったのは、それよりも、簡単な単語すら、忘れてしまっていることであった。

「これは何ですか?」

と韓国のチェ先生が聞いてきたので、

「井戸です」

と答えようとしたのだが、その「井戸」という単語が出てこない。

(井戸…韓国語で何だったっけなあ…)

スマホの辞書アプリで調べればなんてことないのかも知れないが、そんなことをいちいちしていたら、とてもまどろっこしい。それに、辞書アプリにたよるのは癪である。

「えーっと、…ほら、水が上にあがってくる…」

「ああ、ウムルですね」

「そう!ウムル!」

そこでようやく、井戸が韓国語で「ウムル」であることを思い出した。

極めつけは、「昆布」を通訳しなければならなかったときである。

(「昆布」って韓国語で何だろうなあ。そもそも習ったことがないなあ…。そうだ!「海藻のひとつ」と訳せばいいや)

と思ったのだが、今度は「海藻」が出てこない。

(うーむ。「海藻」がわからないなあ。…そうだ!「ワカメ」なら習ったぞ!)

しかし、その「ワカメ」も、韓国語で何と言ったか、ど忘れしてしまった!

(うーむ。困った…そうだ!)

「えーっと、ほら、韓国で誕生日に飲むスープがあるでしょう」

「…ミヨックク」

「そう!ミヨックク」

ようやく思い出した。「ワカメスープ」は「ミヨックク」。「クク」はスープという意味なので、わかめは「ミヨッ」である。

「海の中にいるミヨッのようなものを、全体的な名称で何と言いますか?」

自分で言ってて、もはや何が言いたいのかわからない。

するとチェ先生がしばらく考えたあげく。

「ヘチョ(海藻)?」

「そう!ヘチョ!!!」

思い出した!「海藻」は「ヘチョ」だ!!!

「これはヘチョの一種です」

「……なるほど」

まるで連想ゲームである。ここまでしても、結局のところ「昆布」の説明にはたどり着いていないんだけどね。

それにしても、「昆布」を説明するのに、「誕生日に飲むスープ」から話をはじめるのは、連想ゲームにしたって、かなり無理があるよなあ。

これだったら、スマホの辞書アプリをフル活用すればよかった…。

|

« 再び北へ | トップページ | 今度は西へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

オーケーグーグル、韓国語で昆布ってなあに?

タシマ。

どうだい。鬼瓦さんにも貸してあげようか?

オーケーグーグル、韓国語で井戸ってなあに?

パド。

それは囲碁だろ。

オーケーグーグル、韓国語で井戸ってなあに?

チョウン。

それは「いい」だ。

オーケーグーグル、日本語をはっきり言うやり方を教えて?

すみません、お役にたてそうにありません。

投稿: オーケーこぶぎ | 2019年1月26日 (土) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び北へ | トップページ | 今度は西へ »