« かおる君のこと | トップページ | 唯脳論者であり、映写室派 »

依然原因不明

2月10日(日)

昨日深夜、無事に韓国から戻ってきた。

相変わらず、背中が刺すように痛い。かがんだり、起き上がったりするときに、激痛が走るのである。

日曜日にも診療をしている市内の整形外科の病院を見つけて、今日の午前中に行くことにした。

初めて行く病院なので、どんな病院かわからない。ネットの情報だと、総合病院のようである。

病院に到着して、建物を見て、ちょっと腰が引けた。

さながら廃病院の趣である。

中に入ると、待合室には、患者がほとんどいない。日曜日に開いている病院はめずらしいにもかかわらず、である。

建物の中の感じは、お化け屋敷によくあるような幽霊病院の雰囲気といったらよいか。

とにかく、時代がふた昔以上前に戻ったような感じがするのである。

(今日こそはレントゲンを撮ってもらうぞ!)

先週行ったかかりつけの病院は、整形外科ではないので、レントゲンを撮ってもらえなかったのである。

診察が始まり、

「では、レントゲンを撮ってきてください」

と言われ、レントゲン室に行った。

ここでもまた、何十年前の装置だよ!といった雰囲気のレントゲン装置である。

(本当にこれでちゃんと撮れてるのか?)

と不安になりながら、レントゲン撮影が終わり、再び診察室に戻った。

レントゲン写真を見せられるが、写り方が何となくボンヤリしているように思えて、よくわからない。

「背骨が歪んでますね。それが原因かも知れません」

あのねえ。僕の背骨が歪んでいることは、前から知っているの。ずっと前からそうなの!

「あるいは、内臓の疾患の可能性もなきにしもあらずですので、いまいちどちゃんと見てもらった方がいいでしょう」

…ん?では、今日は何のために俺はここに来たんだ?ちゃんと見てもらうためじゃなかったのか?

あの、ボンヤリしたレントゲン写真は、何だったんだろう?

結局、原因がよくわからないまま、例によって痛み止めと湿布薬を処方された。

休み明けにまた別の病院に行くしかないかなあ。

もしこの件について今後ブログに書かなくなったら、試合終了だと思ってください。

|

« かおる君のこと | トップページ | 唯脳論者であり、映写室派 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かおる君のこと | トップページ | 唯脳論者であり、映写室派 »