« 唯脳論者であり、映写室派 | トップページ | 肋骨が折れてるんですけども »

原因判明

2月12日(火)

背中がまだ痛い。というか、どんどん痛くなっている。

日曜日に行った廃病院の診察が信頼できなかったので、今日は休みを取って、別の整形外科に行くことにした。

その病院の先生は、ちょっとノリのいい感じの先生で、松山千春みたいなタメ口をきいてくる。ま、悪い人ではなさそうなのだが。

「どうしたの?」

「1週間ほど前から背中が痛くなりまして…」

「レントゲン、撮ったんでしょ?」

「ええ、日曜日に別の病院で撮ったんですけど…」

「どうだった?」

「背骨が歪んでいるのが原因ではないかと言われました」

「背骨が歪んでるくらいじゃあそんなに痛くはならないぜ。ま、考えられるのは筋肉痛だな」

「筋肉痛?」

「痛くなって、どれくらい?」

「1週間ほどです」

「そんなんじゃ、まだまだどんなもんかわかんないぜ。2週間くらい様子を見なきゃね」

「そういうものですか」

「そうだよ。だって、レントゲンでは異常なかったんだろ?」

「はあ、でも、背骨しか見なかったんですよ」

「胸のレントゲンは?」

「見なかったです」

「そうなのかい?じゃあ胸のレントゲンを撮る意味はあるね。診察室を出て、右のところにレントゲン室があるから、そっちに移動して」

「はい」

言われるがままに、レントゲン室に行くと、まるで瞬間移動したかのように、同じ先生がいた。

(あんたが撮影もするんかい!)

「じゃ、ボタンのある服を脱いで」

「はい」

「ここに立って」

「はい」

パチリ!

「あ、わかったぞ!」

「どうしたんです」

「肋骨が折れてんじゃん!」

「ろ、ろ、肋骨!!??」

「すぐにわかったよ。これじゃあ痛いわけだよ」

(あんた、さっき筋肉痛じゃねえかって言ったよね!)

レントゲン写真を見ると、たしかに肋骨が折れているのがわかる。

「どうしたらいいんでしょう…固定したりとかはしないんですか?」

「ほっとくしかないね。肋骨だからね」

…ということで、またまた、痛み止めの薬を処方してもらったのであった。

原因は、肋骨の骨折だと言うことが判明した。

しかしわからないことがまだある。

なぜ、肋骨が折れたのか?という問題である。

外的な衝撃がなければ、肋骨は折れないのだが、その記憶がないのである。

思い当たるとすれば、10カ月の娘が、寝ている私のお腹の上に飛び乗ってきたことくらいか…。

どんだけ骨が弱いんだ?

肋骨骨折だとわかってからというもの、歩くと、体の中の肋骨のあたりが、

ぺこんぺこんぺこんぺこん

と音がしているのがわかる。おそらく、折れた肋骨がぷらんぷらんしているのだろう。

生まれてこのかた、骨折などしたことがないのに、何だかわからないことが原因で、肋骨が折れるというのだから、人生とは、本当にわからないものである。

それにしても、である。

日曜日に行った病院は、レントゲンを撮ったのにもかかわらず、肋骨の骨折に気づかなかったのである。

どんだけ藪医者なんだ?

ただ、結果的に痛み止めを処方されるという結論は同じなので、誤診だかなんだかよくわからない。

まあそんなことはともかく。

読者諸賢の中には、僕のことをよく知っている人もいると思うが、ご承知のように、まあありとあらゆる病気や痛みを経験している。

満身創痍といってもいい。

僕の体は、すでにいろいろなものが欠けており、、もはやポンコツである。

それでも、こうやって生きている。

何度でも立ち上がるぞ。

|

« 唯脳論者であり、映写室派 | トップページ | 肋骨が折れてるんですけども »

心と体」カテゴリの記事

コメント

温故知新。

http://yossy-m.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-91a2.html#comments

経験者は語る。

朝起き上がったり、咳をすると痛い。

笑っても痛い。

厚紙を患部に当てて、ひもで巻いて固定していたら、紙が腹に回って金太郎さんみたいになり、

やがて紙が落ちて、ひもだけのボンレスハム状態になる。

ただ、自然治癒を待つべし。

明けない夜はない。そしてつながらない肋骨もないのだ。

投稿: つながったこぶぎ | 2019年2月13日 (水) 14時30分

すげーよくわかります。

投稿: onigawaragonzou | 2019年2月14日 (木) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 唯脳論者であり、映写室派 | トップページ | 肋骨が折れてるんですけども »