« 新装開店準備大詰め | トップページ | サラリーマンあるある、いや!ないない! »

リアリティーとファンタジー

ちょっとわかりにくい話。

僕の高校の1学年下の後輩に、小説家がいる。といっても、僕自身はその後輩とは面識がない。

その後輩がまだ若い頃に書いた小説が、ある時期、とても売れて、人気シリーズになった。

その頃、僕はその小説のことはまったく知らなかった。つまり、僕のアンテナにはまったく引っかからないジャンルの小説だった。

僕が今から20年近く前、「前の前の職場」に勤めていた頃、「前の前の職場」の学生たちの多くが、どうもその小説シリーズを耽読しているようだという情報をつかんだ。

「ようだ」と書いたのは、その小説シリーズを読んでいる、ということを、あまり人に知られたくないみたいで、そのことをこちらから話題に出そうものなら、学生たちは口ごもるのである。

つまり、ある種の、カルト的人気を誇った小説なのだ。

それに加えて、「前の前の職場」のあった場所は、その小説にとっての「聖地」だったらしい。学生たちにとってみれば、「前の前の職場」は聖地に建つ学校だったわけである。

それから20年後。

その小説家は、今でも小説を書いている。今は別のシリーズである。

今度のシリーズは、僕の業界に非常に近いところを描いている。

「前の前の職場」の学生たちがハマっていた小説は、ついぞ読む機会がなかったのだが、いま刊行されているシリーズならば読めそうだと思い、その小説家の小説を初めて読むことにしたのである。

そしたらあーた、読んでみたらこれがかなりおもしろいのだ。

ふつう、ある業界の人間が、同じ業界を舞台にした小説を読んだりドラマを見たりすると、

「そんなことあらへん!」

と、まったくリアリティーを感じることができないことが多い。

たとえば、三谷幸喜監督の映画「ラジオの時間」が公開されていた頃、ラジオパーソナリティーの伊集院光氏が、

「ラジオ業界の描き方に全然リアリティーがなくて、映画に入り込めなかった」

と言っていた。自分が専門とするラジオ業界の実際の姿とは、似ても似つかないので、アラが目立ってしまって入り込めないというのである。

「業界もの」は、えてしてそんなものである。

この小説も、もちろん業界の描き方に多少の誇張があったりはするのだが、基本的には、違和感なく読むことができた。

かなりきっちり取材した上で書いているなあ、というのがよくわかる。

その部分がしっかりと描かれているから、荒唐無稽なファンタジーの部分も、安心して読めるのだ。

きっちりとした取材に裏打ちされたリアリティーがあるからこそ、ファンタジーが生きてくるのかもしれない。

そのうち、うちの職場も取材してくれないかなあ。

|

« 新装開店準備大詰め | トップページ | サラリーマンあるある、いや!ないない! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新装開店準備大詰め | トップページ | サラリーマンあるある、いや!ないない! »